fbpx

大塚家具「父娘共倒れ」の可能性? お家騒動から早5年、両社とも経営危機へ=山岡俊介

父親の新会社「匠大塚」もピンチ

ところで、父娘経営権争いに敗れた大塚勝久氏はその後、創業の地である埼玉県春日部市内の元百貨店があった建物に巨大な高級家具店「匠大塚」をオープンさせ、最近では青山にも店舗を構える。

一部マスコミは、青山店開業を見て業績は好調と報じている。

しかし、これは違うのではないか。

上場企業でないため決算を調べるのに苦労したが、会社設立の2015年から直近まで、4期連続の赤字のようだ。青山店も日本橋店不振で閉鎖してのこと。

春日部本店の土地・建物には設立時の約2年半前に武蔵野銀行が15億円の根抵当権を設定していたが、昨年8月、その額は30億円に上がっている。

要するに、父親の会社も経営が厳しく、大塚家具を創業し上場させたことで得た資金をつぎ込んで維持しているような状況。

仮に大塚家具をヤマダ電機が救済しなかったら、父娘共倒れの危険があったということでは。

その一方の匠大塚、いつまで資金が持つのか?また、どこかが救済に乗り出すのか?

上場企業ではないため、武蔵野銀行など取引銀行の出方次第であろう。

続きはご購読ください。初月無料です

本紙で報じていた!! 「桜を見る会」招待者に、安倍首相一族も関与の疑惑政界フィクサー

『ぱど』を買収した若手実業家の触れられたくない過去

「ウルフ村田」が講師のセミナー会社代表が脱税で逮捕

“最後の総会屋”=竹之内被告脅迫事件――証人尋問で本紙ネタ元は500万円受領、ゲラ流出?など仰天事実続々

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

<初月無料購読ですぐ読める! 1月配信済みバックナンバー>

※2020年1月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

No.518 2020年1月27日号
1.本紙で報じていた!! 「桜を見る会」招待者に、安倍首相一族も関与の疑惑政界フィクサー
2.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(760)「大塚家具父娘、共倒れの可能性も」
3.『ぱど』を買収した若手実業家の触れられたくない過去
4.「ウルフ村田」が講師のセミナー会社代表が脱税で逮捕
5.“最後の総会屋”=竹之内被告脅迫事件――証人尋問で本紙ネタ元は500万円受領、ゲラ流出? など仰天事実続々

No.517 2020年1月20日号
1.本紙で報じていた!! 「桜を見る会」招待者に、安倍首相一族も関与の疑惑政界フィクサー
2.今週の相場展望(1月13日~1月17日)&MY注目銘柄
3.秋元司議員再逮捕で注目される、プライベートジェットの所有者
4.療養費不正請求疑惑「ギオン」代表に、某女優との不倫疑惑も
5.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(759)「ネット証券手数料ゼロ戦略+マディソン証券中国闇人脈」

No.516 2020年1月13日号
1.「『日本空港ビルディング』の“個人商店化”疑惑」
2.国が「馬毛島」買収――暗躍した面々(某上場企業、闇金会社、悪徳公認会計士、政治家も)
3.親鸞聖人も当惑!? 浄土真宗有名寺院の東京分院に関する数々の疑惑

No.515 2020年1月6日号
1.「青山メインランド」社長恐喝事件――現職の警視庁組対中堅幹部が被告側証人に登場
2.「青山メインランド」社長恐喝事件――現職の警視庁組対中堅幹部が被告側証人に登場(2)
3.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(758)「秋元司議員とパチンコ業界+秋元康+仕手」
4.IR汚職――秋元議員と「松浦大助グループ」との接点
5.今週の相場展望(1月6日~1月10日)&MY注目銘柄
いますぐ初月無料購読!

image by:Rodrigo Reyes Marin / ShutterStock.com

※本記事は有料メルマガ『アクセスジャーナル・メルマガ版』2020年1月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】近づく令和大恐慌と「預金封鎖」なぜアメリカのために日本国民が血を流すのか?

【関連】セブンイレブン、業績好調なのに大量閉店の闇~月収26万円で疲弊するオーナーたち=栫井駿介

【関連】40代のリストラ加速。人手不足は大嘘で、超低賃金の単純労働者だけを求める日本社会=今市太郎

1 2

アクセスジャーナル・メルマガ版』(2020年1月27日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

アクセスジャーナル・メルマガ版

[月額880円(税込) 毎週月曜日]
2003年12月2日、世界有数の億万長者、「武富士」会長(当時)・武井保雄を塀の中に追いやったジャーナリスト・山岡俊介が、政・官・財を始めとするあらゆる“悪”に鋭く切り込みます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー