fbpx

乳幼児、若者の重症化・死亡例も。高齢者だけじゃない、新型コロナ感染の危険性

「高齢者において重症化するリスクが高い」といわれている新型コロナウイルス感染症だが、若いから、子どもだから、赤ちゃんだからといって安心できる訳ではない。

3月30日に福岡県で0歳の乳児とその母親が、4月1日には山梨県で0歳の乳児が新型コロナウイルスに感染していることが報じられた。九州朝日放送によると、福岡で感染が確認された母子は先に感染が確認されていた家族(60代男性)の濃厚接触者であるとして受けたPCR検査で陽性であることが確認されたが、無症状や軽症であるとということだ。しかし、山梨県で感染が確認された乳児は、重症のため集中治療室で治療を受けているという(NHK)。

またNHKは、2000人余りの子どもを調査した中国の研究グループの「子どもたちの症状は大人に比べると重くはなかったが、幼い子ども、特に乳幼児は新型コロナウイルスの感染により、重くなりやすい」という見解を伝えている。

アメリカからは生後6週間の乳児が死亡したという報道があり(livedoor NEWS)、学校の再開を控えた保護者からは不安を訴える声があがっている。

Next: 「感染確認の4割が30代以下」報道も

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー