fbpx

トランプ勝利は決定事項。バイデン敗北で金融市場は反省・大反転する=江守哲

来年に向けた仕込みのチャンス到来か

市場は乱高下する可能性をはらんでいるが、そうなればその時である。素早く対処するしかない。最終的に、前週の下げはやりすぎだったということになるのではないかと考えている。

今年は前週まで見ると、主要資産で上昇が目立つのがナスダック100のETFであるQQQの27.56%上昇である。また、S&P500グロース株のETFであるIVWも16.87%上昇している。また、テックETFのXLEは22.31%上昇である。さらに、中国株のETFであるASHRも20.95%上昇と、高パフォーマンスを示している、一方、金ETFのGLDは23.28%、銀ETFのSLVは31.89%、それぞれ上昇している。さらに、債券では20年超の長期債ETFのTLTが17.67%の上昇と検討している。このように、上げているETFはかなりのパフォーマンスになっている。

結局、1-10月はハイテク株と金・銀、長期債に投資しておけばよかったということになる。過去のパターンを見ると、翌年も同じパターンになることはあまりない。したがって、来年はハイテク株ではなく、別のカテゴリーのセクターが上昇する可能性は十分にある。あえてパフォーマンスが特に悪いものに投資しておくと、翌年は大きなリターンが挙げられる可能性がある。念頭に置いておいてもよいだろう。

ちなみに、国別では、ブラジル(EWZ)、フランス(EWQ)、イタリア(EWI)、メキシコ(EWW)スペイン(EWP)、ロシア(RSX)、英国(EWU)の下落率が軒並み20%を超えている。

IJR (S&P500スモールキャップ、13.02%下落)
IVE(S&P500バリュー、13.19%下落)
IJJ(ミッドキャップ400バリュー、16.70%下落)
IJS(スモールキャップ600バリュー、19.90%下落)
DVY (DJ配当、18.70%下落)
XLE(エネルギー、49.55%下落)
XLF(金融、20.84%下落)
USO(石油、75.35%下落)
UNG(天然ガス、24.38%下落)

最大のリスクは、大統領がなかなか決まらないこと

米大統領選を前に投資家心理は不安定なままであろう。その大統領選もいよいよ目の前に迫ってきた。

最大のリスクは、投票結果が不透明になり、大統領がなかなか決まらない状況になることである。トランプ氏が敗北を認めないリスクも市場では懸念されている。どのような状況になるかはわからないが、それをあらかじめ予想して短期ポジションを取ることはできない。最終的には市場の動きに合わせるしかない。

もっとも、下げれば長期ポートフォリオ戦略の範囲で押し目を粛々と買っていくだけである。このポリシーを忘れて安値で売ってしまえば、これまでの積み上げがすべて無駄になる。とにかく、大きく下げて深押しになったときが資産を増やすチャンスである。

今回の米大統領選でそのようなチャンスが来るかは不明だが、そのような動きになれば、果敢に買い下がっていけるように準備しておきたい。無論、短期的に下げがきつくなれば、短期トレードでショートを保有し、利を伸ばすだけである。

続きはご購読ください。初月無料です

マーケット・ヴューポイント〜「米大統領選挙の行方は?」

米国市場~米国株は大統領選の結果次第で乱高下へ

欧州・中国市場~欧州ロックダウンと中国のしたたかな戦略

日本市場~日本株は意外に下値が堅い

為替市場~リスクオフのドル高基調が鮮明

コモディティ市場~金と銅は反落、原油は大幅安

今週の「ポジショントーク」~米大統領選挙前の下落で収益を上げる

ベースボール・パーク〜「3年生と練習」

新刊出版のお知らせ

ラジオ番組開始のお知らせ

メルマガ「江守 哲の「ニュースの哲人」〜日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ」のお知らせ

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!


本記事は『江守哲の「投資の哲人」〜ヘッジファンド投資戦略のすべて』2020年11月2日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方は、バックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した米国市場日本市場為替、原油各市場の詳細な分析もすぐ読めます。

【関連】金価格高騰もまだまだ破格に安い?「金レシオ」でわかる今後の伸び代とリスク=吉田繁治

【関連】金価格、史上最高値更新でも今が買い?金投資ブーム到来前に知るべき利点と2つの注意点=江守哲

【関連】選挙に勝って中国に負けるトランプ。次の4年間で米国は凋落する=江守哲

image by:Devi Bones | Devi Bones / Shutterstock.com
1 2 3 4

江守哲の「投資の哲人」〜ヘッジファンド投資戦略のすべて』(2020年11月2日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて

[月額3,300円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く) ]
株式・為替・コモディティなどの独自の市場分析を踏まえ、常識・定説とは異なる投資戦略の考え方を読者と共有したいと思います。グローバル投資家やヘッジファンドの投資戦略の構築プロセスなどについてもお話します。さらに商社出身でコモディティの現物取引にも従事していた経験や、幅広い人脈から、面白いネタや裏話もご披露します。またマーケット関連だけでなく、野球を中心にスポーツネタやマーケットと野球・スポーツの共通性などについても触れてみたいと思います。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー