「核搭載可能なICBM」で世界を挑発する北朝鮮に出口戦略はあるのか?=八木翼

株式市場は北朝鮮を無視し続けています。恐ろしい状態に突入しているという実感は、ほとんどの日本国民にもないでしょう。しかし現実はどうでしょうか?(『バフェットの眼(有料版)』八木翼)

いよいよ本気で北朝鮮がヤバイ。米朝戦争が起こる可能性は…?

北朝鮮の「核とミサイル」明確なリスクに

株式市場は北朝鮮を無視し続けていますが、そろそろ考慮しなければならないリスクになってきています。というのも、これまでの北朝鮮の行動は「たんなる威嚇」で済んできたかもしれませんが、核兵器を保有しているという明確な事実をもって、対処する必要性が出てきたからです。

北朝鮮は7月4日にミサイルを発射しました。これに対してトランプ大統領は、Twitterで以下のように述べています。

North Korea has just launched another missile.
Does this guy have anything better to do with his life?
Hard to believe that South Korea … and Japan will
put up with this much longer.
Perhaps China will put a heavy move on North Korea
and end this nonsense once and for all!

(北朝鮮が、別のミサイルを発射した。
この男は、人生でほかにするべきことがないのか?
韓国…そして日本がいつまでも我慢していられるとは思えない。
おそらく中国が北朝鮮に対して力強い働きかけをして、
このナンセンスな行為を今回限りで終わらせるだろう。)

中国は北朝鮮へ石油を供給しているので、それを止めれば北朝鮮は一貫の終わりとのことですが、実際はそんな単純は話ではないと考えています。石油のバックには中東各国もいますし、中国も普通に北朝鮮と貿易しています。

※参考:中国、北との貿易なお16%増 制裁の実効性乏しく、石油輸出など増大続く 1~4月 – 産経ニュース(2017年5月23日配信)

米国には、北朝鮮を攻撃する、もしくは北朝鮮の核保有を追認するという、2つの選択肢が示されています。

Next: 留学生を殺され、ミサイルを発射されたトランプは反撃に出るのか?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー