意外な安全地帯!? 台風・風水害に強い「○○エリア」で家を買おう=姫野秀喜

台風や水害などの報道を見ると、いつ自分の家が災害に遭うか、大家としても他人事ではありません。そこで、災害に強い地域はどこなのかを調査しました。(『1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』姫野秀喜)

プロフィール:姫野秀喜(ひめの ひでき)
姫屋不動産コンサルティング(株)代表。1978年生まれ、福岡市出身。九州大学経済学部卒。アクセンチュア(株)で売上3,000億円超え企業の会計・経営計画策定などコンサルティングに従事。合間の不動産投資で資産1億円を達成し独立。年間100件以上行う現地調査の情報と高い問題解決力で、顧客ごとに戦略策定から実行までを一貫してサポートしている。

日本で災害に強い地域は? 過去45年間の雨量・風速データで分析

東京は災害に遭いにくい?

先月は九州の朝倉や日田での水害が、テレビで多く報道されていました。

友人も住んでいる地域なので気になりましたし、また大家として、いつ自分のアパートやマンションが水害に遭遇するかと思うと、報道される水害は他人事には思えません。

日本の一部地域で大雨が降る一方、東京ではとても暑い夏日が続きました。それでふと、東京って災害に遭遇しにくいエリアなのかな?と思いました。

東京に越してきて10年以上が経ちますが、東北の震災以外、台風など大きな災害に見舞われることはありません。台風が上陸するとの予報が出ても、台風の進路が太平洋側か内陸側にはずれて、東京直撃を避けるルートになることが多いです。

これって、たんなる偶然なのかなと不思議に思いましたので、全国の気象について調べてみました。

【地域別】45年分の気象データ:降水量

少し古いのですが、統計局の気象データを気象官署がある場所毎に「1961年~2005年」の45年分の時系列データを見ました。

気象官署は、下記の21箇所です。

稚内、根室、札幌、函館、秋田、仙台、新潟、福島、長野、東京、金沢、静岡、名古屋、大阪、潮岬(和歌山)、松江、広島、松山、高知、福岡、長崎、鹿児島

<全国の年間降水量(東京以南)>

まずは、全国の年間降水量を見てみます。北の方は雨ではなく雪となるので、東京より南のデータのみです。

45年間で毎年の年間降水量が上位10%に入った回数を見ると、潮岬(和歌山)、金沢、高知、鹿児島が2桁となっています。

東京:0
金沢:23
静岡:8
名古屋:0
大阪:0
潮岬(和歌山):27
松江:2
広島:0
松山:0
高知:18
福岡:0
長崎:1
鹿児島:11

<最大降水量(1日)>

次に1日の最大降水量を見ます。こちらも、45年間でその年の上位10%に入った回数を見ます。1日の最大降水量が多い地域は、高知、潮岬(和歌山)、静岡の順になります。

東京:4
金沢:2
静岡:14
名古屋:2
大阪:0
潮岬(和歌山):18
松江:2
広島:0
松山:2
高知:24
福岡:2
長崎:9
鹿児島:8

このことから類推すると、金沢は年間降水量が多いが、最大降水量は他の地域に比べ多くないので、比較的、穏やかな雨が降るエリアとなります。

それに対し、静岡は年間降水量は他エリアと比して多くないにもかかわらず、1日あたりに降る雨量が多い傾向にあります。つまり、大雨などの一時的な水量の増加が起きやすい地域と言えそうです。

Next: 台風の被害が多い地域は? そして判明した意外な安全地帯

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい