ビットコインを取り囲む間抜けな言葉「暗号通貨バブル崩壊論」を笑い飛ばせ

ゴールドマン・サックスのアナリストによる「今のような米国の強気市場は永遠に続くものではなく、株式市場のリターンが今後10年間で鈍化する可能性は99%である」との警告は、すでに世界中を駆け巡っています。

もっとストレートに言えば、「株式市場では、もう稼げなくなる」と言っているのです。どうも、私たちは歴史の中で最大の金融バブルの最終段階に差しかかっていると見てよさそうです。

では、私たちはいったいどこに向かい、減価されてしまう円の購買力を温存すればいいのでしょうか。それは、金(ゴールド)と仮想通貨(暗号通貨)への逃避です。ただし、仮想通貨(暗号通貨)を扱うには、それなりの知識が必要です。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2017年8月19日第218号パート2の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

保守的な資産家の無理解を嘲笑し、新局面に突入するビットコイン

暗号通貨の熱狂はバブルなのか?

“憎らしいほどよく当たる”と言われている未来予報士、ジェラルド・セレンテは、資金逃避先としての暗号通貨市場の先行きを、どう見ているのでしょう。

暗号通貨市場のボラティリティの激しさは、実際に暗号通貨の取引所に口座を作って、暗号通貨市場に入らなければ見ることはできません。まさに約定(やくじょう)の連続で、目がチカチカするほど激烈を極めています。

この記事を書いている最中にも、8月1日にハードフォークによって生成された「ビットコイン・キャッシュ」という通貨は、63%という高騰を見せています。

ビットコイン・キャッシュは、今朝がたは120%まで上昇。10万円分買っていた投資家は、わずか数時間で資産を2倍以上に増やし、1000万円もビットコイン・キャッシュに両替していた個人投資家は、これで住宅ローンを残りの全部を一括で支払ってしまおう、と考えたかもしれません。

暗号通貨にはストップ高、ストップ安がないので、値上がりするときは、どこまでも上がるのです。逆に言えば、その反対もあるわけです。しかも、これは、たった数時間の出来事です。

運がいい投資家は、大幅な含み益を抱えて、さっそく利益確定かと思いきや、おそらく、そうした投資家は皆無でしょう。

なぜなら、日本国内では2017年7月1日以降、暗号通貨の購入に消費税がかからない代わりに、売買益は譲渡所得もしくは雑所得と見なされ、総合課税の対象として合算されるからです。

つまり、株式投資の売買益の20%(分離課税)と違って、暗号通貨の投資から得た利益には、がっぽり課税されてしまうのです。

「今後も暗号通貨は大幅に増加する」

暗号通貨市場に本格的に資金が流れ込んでくるのはこれからが本番だ、と考えている投資家が多く、「暗号通貨市場からの資金の流出は起こらない」という前提で将来の値上がりを確実視しているため、暗号通貨投資家たちは売らないのです。

そこで、冒頭の問いに戻りましょう。数年前から「経済崩壊は時間の問題」と警告し続けてきたジェラルド・セレンテですから、すでにバブル状態をはるかに凌駕するほどの過熱ぶりを見せている暗号通貨市場についても同じように、「近々、破裂するだろう」と警告すると、あなたは思うでしょうか?

しかし、ブロックチェーンと暗号通貨の仕組みを知らない経済評論家が「そろそろ仮想通貨バブルがはじける」と煽る中、セレンテは「キャッシュレス社会への競争が加速するにつれて、暗号通貨は大幅に増加する」と予測しています。

そしてそれは、ほぼ100%当たるでしょう。

Next: どうしても暗号通貨の価値が理解できない米国の大富豪たち

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー