【12月米雇用統計】新年最初の金曜夜は「円売りに乗りつつの押し目ロング」を中心に=ゆきママ

昨日から仕事始めで、ちょっとお疲れモードという方も多いと思いますが、海外市場はクリスマス休暇以降、すでに活況を取り戻しており、今日は早くも雇用統計が発表されますので切り替えていきましょう!(『ゆきママのブログでは書けないFXレポート(無料板)』『お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」(有料板)』FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

今夜の売買戦略は「押し目買い」想定レンジは1ドル=112~114円

今年の雇用統計は比較的重要な位置付けとなる可能性も

年明けの今回の雇用統計が、いきなり重要な意味を持つかというと決してそうではありません。しかし、雇用統計そのものが少なくとも去年よりは重視される可能性がありますので、引き続き注目しておきたいところです。

アメリカの金融政策を決定するFRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長が2月に退任し、パウエル理事が新議長になることはすでにご存知かと思います。パウエル議長就任後の初仕事として、早ければ3月20~21日開催のFOMC(連邦公開市場委員会)で、金利の引き上げが決定されるのではと見られています。

ゴールドマン・サックスが今年の利上げ回数を4回と予想したことで話題となりましたが、もし4回やるのであれば、3月、6月、9月、12月というペースでやらなければ厳しいでしょう。

昨年、イエレン体制下でのFRBにおいては、インフレの停滞は一時的なものとして言い訳を続けてきました。しかし、それも徐々に厳しくなっています。仮に雇用統計などの数字からインフレの兆候が見られないのであれば、利上げを行う正当性が問われることになりますので、今年は去年以上にしっかり見ておく必要があるかと思います。

良好な先行指標により期待感も先行!年末商戦が雇用の後押しか

今年初めに発表されたアメリカの年末商戦の速報によると、売上高は前年比で+4.9%、2011年以来の高水準で、例年より消費が活発で好調だったことが明らかとなっています。

あのアマゾンも昨年10月に年末商戦に備えて全米で12万人を臨時で雇用するとしていましたから、これらを合わせて考えると12月の雇用統計は比較的期待が持てそうですね。

実際、先行指標も良好な数字となっており、期待感もそれなりに高まっていると思われます。それでは、先行指標の数字を確認していきましょう!

先行指標の結果(数値はいずれも速報値)と雇用統計の事前予想値

先行指標の結果(数値はいずれも速報値)と雇用統計の事前予想値

ややマチマチな数字ではありますが、民間調査のADP雇用報告に関しては25万人増ということで、堅調な雇用増が見込まれています。期待感先行で動いている分、ハードルはそれなりに高めと見るべきでしょう。よほど強い数字が出てこない限り、ガンガン上値を追うという展開にはなりにくそうです。

そして、もちろん注目されるのは平均時給(賃金上昇率)ということになり、前月比+0.3%・前年比+2.5%という事前予想値を上回れるかどうかでしょう。しっかり上回ってくれば、ドルは買いやすくなり、一掃の下支えが期待できると思われます。

Next: 目先は「無限の円売り」を期待したロング戦略で

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー