ここ30年で初めての異常事態、金の現物不足が示唆する「次の危機」

これまで執筆したゴールド相場に関する記事と大きく異なる部分はないのですが、スイス金精錬業界の幹部という全方位を見渡せる立場にある人物の証言は重要だと思いますので、その録音インタビューの内容を紹介します。(メルマガ『いつも感謝している高年の独り言』)

地金はどこへ消えた?「COMEXもNYMEXも金現物を放出している」

スイス金精錬業大手幹部の証言

このインタビューの語り部はスイスの金精錬業大手の幹部。世界各国の金精錬企業の資格審査をする立場でもある権威ある精錬業者。名前は明かされていませんが、経歴は判明しています。

以下、重要なポイントをご紹介しましょう。

この人物の経歴

1978年に大学の学費稼ぎにクレディスイス銀行の貴金属部門に入社(1978年に18歳と仮定すると1960年生まれの55歳?)。1985年にスイスUBS銀行に入社し2001年まで勤務。その後、金融業よりも貴金属の現物を扱うビジネスが重要であると感じ、金精錬企業に転職した。ここで貴金属取引、資金貸し付け、ヘッジ等の業務経験を積んだ。

ここ30年で初めて見たゴールド不足

金精錬業で働くことで世界各地の取引先や人脈等から毎日得られる情報は、一般的な新聞情報ではなく、市場からの非常に正確な情報と言える。

2013年に起きたゴールド不足はここ30年間で初めて見た光景だったと以前コメントした事があるが、2015年の現在も同じ状況であり、金の現物市場には流動性がなく供給はタイトになっている

現在の金先物市場での直物価格は、金現物市場での供給不足とはまったく関係がない。金先物市場では、紙証文のペーパーゴールドが大量に出回っているからだ。これらの金融派生商品はあまりにも大量なので、先物市場の価格を見るだけでは、市場がどちらの方向に向かうのか分からない状況だ。

Gold先物(COMEX) 月足(SBI証券提供)

Gold先物(COMEX) 月足(SBI証券提供)

このペーパーゴールドの紙証文取引をする投資家たちは全員、現物の地金には関心がない。手仕舞いはいつも現金決済のみ。それゆえ金先物市場での直物相場は、結局のところベンチマーク用でしかなく、この金融派生商品が現物の地金に切り替わることはないのだ。

皆が地金を欲しがったら「劇的に危険な状態に」

しかし、私個人としては、これは大変危険だと見えるのだ。もし皆が「さあ今から、現金決済ではなく地金を引き出そう」と決心すれば、その時には間違いなく現物地金はなくなるからだ。

現在の現金決済による手仕舞いが永遠に続くのか?それともいつの日か現物引き出しになるのか?それは市場参加者の行動如何だ。いまの債務危機はここ何十年間で最悪のものであり、現在の金価格は、現実の現物市場とは何の関係もない低価格と言える。

市場参加者が現金決済で満足するのであれば、この状態は永遠に続くだろう。金価格は単なるベンチマークの数字で、需給関係には無関係のまま。しかし現物引き出しを好むようになるならば、それは劇的に危険な状態となるだろう。

Next: 西側から東側へ一方通行で流れる金現物 / とくに重要な証言

1 2
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額648円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい