fbpx

「2〜3年は欠品続く」薬剤師が悲鳴。ジェネリック医薬品を推して医療危機を招いた政府の罪=原彰宏

薬不足が深刻です。ジェネリック薬品だけでなく先発薬品すらも供給不足となり、命の危険のある患者が薬を飲めないということにもなりえます。今後2~3年は供給不足の状況が続くと予想されていますが、国はこの事態を予見できなかったのでしょうか?(『らぽーる・マガジン』原彰宏)

【関連】日本の貧困層は飢えずに太る。糖尿病患者の半数以上が年収200万円未満の衝撃=鈴木傾城

※本記事は、『らぽーる・マガジン』 2021年12月20日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

2~3年は続く医薬品の供給不足

「薬がない…」近所のお世話になっている薬局の薬剤師先生が、嘆いていました。

ジェネリック医薬品が足りないのはニュースにもなっていますが、先発品も品薄状態で、すでに欠品が続出。その薬剤師の方の話では、向こう2~3年は供給が厳しい状況が続くだろうとのことです。

「ご迷惑をおかけして申し訳ない…」。いやいや、こればかりは「申し訳ない」では済まされないでしょう。薬を飲み続けないと命に関わる人もきっといるはずです。

薬を飲むことで血圧を調整している人、心臓病再発予防の血液を“サラサラ”にする薬、骨粗鬆症治療薬、てんかんやアレルギーをおさえる薬……などなど、毎日飲み続けなければならない薬がもらえないと、大変なことになります。

自己負担を考えてあえてジェネリックにしているのに、ものがないからと先発品を処方されると、薬代だけでも何倍も膨らみます。飲まないわけにもいかないので「受取拒否」するわけにもいきませんからね。

ジェネリックだけでなく先発品も供給不足

いま報道では「ジェネリック医薬品の供給不足」で、先発品に切り替えられることで、患者さんの負担が何倍にも増えるということが問題になっています。

それはそれで家計が大変なときには重大な問題ではありますが、それ以上に、私が聞いた薬局の現場では、先発品すらもない。

つまり、患者さんに薬を届けること自体ができない……という状況になっているということなのです。

それは、この薬局だけでないとのことです。「2~3年はこの状態は解消されないだろう…」「欠品・品薄で、メーカーからの供給がかなり細くなっている」と、薬局の方はおっしゃっておられました。

報道されてはいませんが、めちゃくちゃ深刻な状態だということです。

Next: 「供給できません」では済まされない。ジェネリックを推進した政府の罪

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー