fbpx

国内決算ウィークは「下方修正の山」から悪材料一巡の展開も/新興諸国通貨に留意=馬渕治好

今週は、日本国内では企業の決算発表が続きます。ただ、それ以外には世界的に大きな材料が乏しいです。米雇用統計を乗り越え、心配された円高の動きも限定的に終わったため、世界的に市場は落ち着いて推移すると期待できる一方で、先週主要な新興諸国通貨などがさえなかった動きが持続するかどうかが、気にかかるところです。(『馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」』2016年5月8日号)

※『馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」』は初月無料のお試し購読が可能です。月初は特にお得、この機会にぜひどうぞ。

先週の振り返りと今週の展望~人気有料メルマガを特別公開!

過ぎし花~先週(5/2~5/6)の世界経済・市場を振り返って(1)

円の買い攻めはあったが限定的に終わり、軟調な米雇用者数統計でも世界市場は落ち着いた動き

【まとめ】
先週市場では、米国が円売り介入をけん制しているとの観測から、投機的な円買いが盛り上がり、ゴールデンウィーク中に円高に振れるのではないか、との懸念が強い状況でした。実際に円を買い攻める動きはあり、日本時間5/3(火)早朝には、対米ドルで一時105.50円に迫る動きとなりました。

しかし、そこで円高は一巡し、たびたび107円を回復しました。週末(5/6、金)の米雇用統計では、雇用者数の伸びが市場予想を下回りましたが、それによる米ドル安も一時的で、米ドル円相場は107円台で引けています。

この他には、RBA(豪州準備銀行)の利下げは予想外でしたが、それ以上に、RBAの物価見通しの修正を受けての豪ドル安の動きの方が、はるかに予想外でした。

【詳細】
これまで為替市場では、米財務省半期為替報告書(4/29(金)公表)で、日本が「監視リスト」に加えられたことなどを材料に、米国が日本の円売り介入に対するけん制を強めている、あるいは米ドル高を好ましく思っていない、との観測が強まりました。

このため先週は、投機筋による円の買い攻めが進む(ゴールデンウィーク中は国内投資家が動きづらいため、円の仕掛け買いが入りやすい、という傾向もあります)、との懸念がありました。

実際の米ドル円相場は、一時は円を買う動きが強まり、日本時間で5/3(火)の午前5時頃には、1ドル105.55円まで円高が進みました。この材料としては、ADB(アジア開発銀行)年次総会に出席するため、訪独していた黒田日銀総裁が、フランクフルト市内で「今のような円高というのは経済にとって好ましくない影響を与える恐れはあると思っている」と述べたため、それがかえって、逆に円を買って傷めつけてやろうとの投機筋の動きを招いた、との声が聞こえます。

しかしそれ以上の円高は進みませんでした。これは、先物市場などで既に円を買ってしまった向きが多く、いまさら大いに円買いを積み上げるような状況にない(円買いのポジションがいっぱいいっぱいになっている)ためだと推察されます。

また、日本時間で5/4(水)朝6時過ぎにかけては、急速に円安・米ドル高に振れ戻り、107円台を一時回復しましたが、この材料としては、麻生財務相が、やはりフランクフルトで記者団に対し、「投機的かつ急激な円高を懸念しており、必要なら対応する」「一方的で急激な動きは経済に悪影響を及ぼす可能性があり、望ましくない」と述べたことが挙げられています。

黒田総裁が円高は望ましくないと語ると円買いでいじめられ、麻生財務相が円高は望ましくないと語ると素直に円安になる、というのは、黒田総裁がかわいそうな気がしますが…。

さらに週末(5/6、金)には、4月の米雇用統計が発表されました。最も注目される統計数値である、非農業部門雇用者数前月比は、16万人増と、市場予想の20万人増を下回り、過去の数値も下方修正されました。今年に入っての、不安にとらわれやすい市場の地合いであれば、歯止めがかからないような米ドル安・円高が進んだり、米国株価が大きく下落したりしそうなところですが、実際には米ドルや米株価の下振れは一時的・限定的で、米ドル円相場は107円台を回復し、米株価は前日比上昇して、週を終えています。

こうした米ドル円相場を中心とした、事前の懸念に比べれば落ち着いた市場の動きは、世界市場の地合いが一段と落ち着いてきていることを表しているのかもしれません。

なお、米雇用統計については、雇用者数は述べたとおり弱いものでしたし、それを受けて、米連銀の利上げが一段と遅れる、との観測が浮上しています。しかしたとえば時間当たり賃金などは、伸びを強めており、結果として雇用者の週当たり総所得(非農業部門雇用者数×一人当たり週労働時間×時間当たり賃金)は、先週末発表された4月分は、これまでのピークであった1月の水準を上抜けて、史上最高値を更新しています。

Next: 過ぎし花~先週(5/2~5/6)の世界経済・市場を振り返って(2)

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー