fbpx

もしも私が慰謝料を払うことになったら…お金がないときの対処法は?誰にも相談できないときはどうする?

もしも自分が加害者になり、慰謝料を請求されたとき、相手への謝罪はもちろん、金銭的にもフォローが必要になる場合があります。しかし、いきなり数十万円を用意することは簡単ではありません。頼れる相手がいればまだ相談に乗ってくれるかもしれませんが、全ての人がそうとは限らないのではないでしょうか。今回は、慰謝料を請求され「まさか自分が…」と困ったリアルな経験談を聞いてみました。

【関連】きっかけは資産運用?それとも将来への不安?若者が「新NISA」で老後に備え始めている

※本ページはプロモーションが含まれています。

接触事故を起こしてしまい慰謝料を請求された

image by:photoAC

image by:photoAC

プロフィール

  • 年齢:35歳
  • 職業:会社員
  • 慰謝料総額:150万円

数年前にスーパーの駐車場で車を運転していた際、歩行者に接触する人身事故を起こしてしまいました。被害者の方は経営者であったため、怪我で働けなくなった期間の休業補償を行うことになり慰謝料を支払いました。

相手方の怪我の程度や自分の落ち度など総合的に考えても、ある程度のお見舞金を支払うのはやむを得ないと思いました。しかし正直、慰謝料請求というのは納得ができなかったのが本音です。もちろん自分も会社員という立場上、応じざるを得ない状況にありました。

相手が怪我の治療を開始した時に50万円、怪我の治療を終えた際に100万円、計150万円を慰謝料として支払いました。当初は病院へ通うための交通費も請求されましたが、慰謝料の金額と相殺というかたちにしてもらいました。

自分と相手側の双方弁護士が同席した上で、整形外科医が記載した診断書や初診時のレントゲン画像などの確認を行いました。車と接触をした際に負った怪我ということがおおむね証明されたので、その時点で慰謝料の支払いを承諾しました。自分に非があったことは理解していますが、当時はかなり大きな出費でしたね。

あと問題だったのが、車の任意保険に入っていなかったことです。そのため慰謝料の全額を自腹で弁済することになりましたが、親や妻の援助もあって一括で支払いを完了することができました。一時は相手側も慰謝料の減額に応じる様子もありましたが、結局当初請求された金額を支払いました。

もしも家族の援助がなければ、相手側の弁護士に対して返済期間の延長や、月々の返済額の交渉を行ったと思います。返済が困難になった場合は、最終的に慰謝料の金額を減らしてもらうよう相手側に再度お願いしていたかもしれませんが、解決できたので家族には感謝してもしきれません。

子どもが石を投げてご近所さんの車を傷つけてしまった

image by:photoAC

image by:photoAC

プロフィール

  • 年齢:38歳
  • 職業:会社員
  • 慰謝料総額:10万円

散歩中に幼稚園児の子どもが道路に向かって石を投げ、そこにちょうど走ってきた車に当たってしまいました。ちゃんと子どものことをみていたつもりでしたが、投げた石が車のフロントガラスにあたり、ヒビが入ってしまったんです。修理代金に関しては保険がおりましたが、相手が近所に住んでいる人で、しかも義両親の知り合いだったので慰謝料も別途お支払いしました。

外出時に子どもから目を離してしまった自分と、石を投げた子どもが100%悪い状況です。しかもフロントガラスの破損は事故につながる可能性もありますので、修理に関する手間もおかけしたのできちんと修理費以外を払うことにしました。

石がぶつかった車のフロントガラスは端にヒビが入っている程度ではありましたが、全取り換えとなり約30万円ほどかかりました。ただご近所さんですし、ご迷惑をおかけしたという意味で慰謝料として10万円を別途包んでお詫びへ行きました。

修理代の負担だけで解決できたら、10万円の出費がなくて済んだかもしれません。しかし義両親のアドバイスもあってお詫びに伺いましたが、先方の態度がとても横柄で。後々考えると近所付き合いもしていないし、慰謝料を払う必要はあったのかなと考えたこともありました。

相手とは、慰謝料をお支払いした後に会ったことはないのですが、今後も顔をあわせる可能性はあると思います。でも正直、気まずい気持ちもあるのでなるべく会わないようにしています。子どもにとってもトラウマになっており、今後はこのようなことは起こらないように気をつけていきたいですが、もしも金額がもっと大きかったらと考えると胆が冷えますね。

事故後に慰謝料を請求され親に頼って…

image by:photoAC

image by:photoAC

プロフィール

  • 年齢:32歳
  • 職業:建築業
  • 慰謝料総額:500万

通勤中にわき見運転をして人身事故を起こしてしまいました。最初、相手には大きなケガが見受けられなかったので、何事もなく私の車の保険で相手の請求金額を支払いすることができたのですが、後々になって怪我の治療費や仕事に行けなかったということで多大な慰謝料請求を請求されました。

自分が加害者であることは理解していますし、とても悪いことをしてしまったと理解はしています。でも、保険会社の支払いでは間に合わないくらいの慰謝料を請求されました。

被害者には500万ほどを請求されましたが、一括では支払うことができないので、いまでも毎月10万円ずつ支払っています。事故をおこしてしまって悪いとは思っていますが、まさか慰謝料を請求されるとは思っていなかったので、かなりの痛手となりました。

相手の言い分だと、私の事故後の対応が悪かったので精神的に傷ついたと言うことで請求されました。ずっと謝罪の言葉を述べるしかなく精神的にとてもきつかったです。

結果としては今現在も慰謝料を払い続けている最中です。今のところ自分の収入だけで慰謝料を払っていってますが、これから先も最後まできちんと払っていくつもりです。ただ、月によって出費が異なるので、その面に関しては親にフォローしてもらっています。

毎月ギリギリの生活なので慰謝料を支払うことはとてもきつい状態なのですが、事故をおこしてしまった自分が悪いと思いながら、もう二度と事故は起こさないようにしようと反省しています。

今回、お話を伺った3名はそれぞれ慰謝料の総額は異なるものの、自分の非を理解した上で返済した・しているとのことでした。また両親や家族に援助をしてもらったとのコメントもありましたが、月によって出費額が異なることは当たり前です。ではもしも、親に借りられない場合はどうすればいいのでしょうか。

さまざまな方法を検討した上で、それでもお金の工面ができないとき、急な出費が必要になったとき、一つの選択肢として、来店不要で頼れるキャッシングサービスを利用できることも知っておくといいかもしれません。

LINE・電話で簡単申し込み可能な「いつも」では、カード発行不要で郵送物一切なし。初めてのキャッシングなら最大60日間金利0円。PayPay銀行口座開設でのキャッシュバックキャンペーンも実施中です。ちょっと足りないなと思ったときに、即日融資を利用するのも手ではないでしょうか。

【関連】ジム・ロジャーズ氏「日経平均は近く史上最高値を更新するが、日本の未来を救うことにはならない」

【関連】閉店が相次ぐ「ヴィレッジヴァンガード」株は買いか?客足が減った2つの要因。効率化で業績改善も魅力が失われる危険性=山口伸

【関連】日本株急騰も新NISAで飛び込んだ素人たちはごっそり狩られる?大きな落とし穴と3つの回避術=岩崎博充

Image by:photoAC
※A8.netアソシエイト・プログラムの参加者です。記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がMONEY VOICEに還元されることがあります。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらXでMONEY VOICEをフォロー