fbpx

NYダウの大調整近し。そのとき日経平均「大底拾い」の目安はいくら?=藤井まり子

日本株式市場

日本株式市場は、東芝問題、北朝鮮問題、安倍自民党政権の支持率の低下などなどを反映して、アメリカ株式市場が調整局面入りすれば、他の株式市場「以上」に大幅下落することがわかってしまいました。

そして「またもや」です!企業業績改善で、日経平均の予想EPSが上方修正されました。予想EPSは1,223.17円です。

今後、日経平均の大底拾いを行なっていくうえで、ざっくり目安となる大底の数値について確認をしましょう。

バリュエーションから眺めると、日本の企業業績の改善もあったので、日経平均の上値は1万9,950円あたり(これは年末)。目下の日経平均のフェアバリューは、1万8,100円前後下値は、1万6,250円あたり

ざっくり買い増すときは、フェアバリューである1万8,100円より安いところで買い増しては「いけない」です。一部の証券会社では「1万9.000円を割り込むたびに買い」と推奨しているところもあるので要注意。

「大底拾いのざっくり目安」としては、だいたい1万7,000円あたりではないでしょうか。ここらあたりは、ちょっと自信がありません。1万6,250円まで下げるのか?それとも、1万6,000円あたりか?ここらあたりは、とてもとても悩ましいところです。

安部自民党政権がトランプ大統領の要請で「新たなる内需拡大策」を発表する(おそらく夏頃)までは、日本株式市場では軟調が続くかもしれないです。ですから、大底拾いは、必ず「回数分散」を行なって拾っていってください。

1万7,000円の大台を割り込んで、1万6,000円台になってから買い増すことができたならば大成功。年末には、かなりウハウハになることでしょう。15%下落の1万6,500円前後でざっくり買い増せたならば、大々大成功です。しかし、日本株の20%下落(=1万6,000円割れ)の可能性もゼロではないので、そこは要注意です。

ちなみに、日経平均を過去のボラティリティー平均から眺めると、「2017年の日経平均の下値平均」は約1万6,000円ちょっと「2017年の日経平均の上値平均」は、なんとなんと、2万2,000円あたり

安倍自民党政権がトランプ政権に内需拡大を迫られて、この夏に解散総選挙に打って出る可能性も残っているので、この「日経平均の高値」2万2,000円は、決して夢ではない値です。日経平均は、2017年末に再び2万円を目指す可能性があります(もちろん、投資も資産形成も必ず自己責任です)。

新興国株式市場

いま最も有望かも知れない「新興国株式市場」も、アメリカ株式市場が大幅調整すれば、調整は免れません。しかしながら、調整が終われば、新興国株式市場が本当に「最も有望な資産クラス」になるのではないでしょうか。

ただ、今年2017年秋の共産党大会で、第2期習近平体制が確立したならば、習近平は債務バブルを終了させるかも知れないので、この点は要注意です。
続きはご購読ください

『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』好評配信中

メルマガ購読開始で今すぐ読める!2017年4月14日号 目次

1. マーケット情報

2. グッバイ!♪「トランプラリーのシュガーハイ」
(アメリカの金利市場では、イールドカーブがフラット化している!)
~東アジアのお地政学的リスクは一旦「後退」~

3. 見えてきた「超大型バブル」? それとも「壮大なボックス相場」!?
~日経平均は1,000円以上の大幅下落へ アメリカ株式市場は調整局面へ~

4. アセット・アロケーションとリスク

【関連】日経平均株価の2017年シナリオは現時点で「3通り」に絞られた=伊藤智洋

【関連】年収400万円層が知らない本当のルール。富裕層になるたった1つの方法とは=鈴木傾城

【関連】今のトランプラリーはきたる「超大型バブル相場」の前哨戦なのか?=藤井まり子


※本記事は有料メルマガ『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2017年4月14日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

1 2

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』(2017年4月14日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート

[月額16,200円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「マクロ金融・資産形成 de あそぼ♪」の筆者:藤井まり子が、金融資産3,000万円以上の読者に向けて送る「富裕層向けの資産形成のプレミアム・レポート」。第一メルマガ「~de あそぼ♪~」が、「結論と要約だけ知りたいし、具体的に何をしたらよいの教えてほしい」と熱望しておられる愛読者様に、是非ともお勧めです。この第二プレミアム・メルマガの購読者の方々は、ゴールド会員として、よりきめ細やかなアドバイスも、常時双方向で無料提供します♪年金不安なんか、ぶっ飛ばしましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい