fbpx

日本のメディアが伝えない「北朝鮮リスク」この材料はまだ終わらない=児島康孝

今回の朝鮮半島危機では米放送局NBCの果敢な報道ぶりが目立つ。日本の報道が無駄な議論に終始する中、総合的リポートや識者討論企画などで緊迫する情勢を詳しく伝えている。(『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』児島康孝)

どうでもいい内容に終始する国内報道。投資家は「半身」の姿勢で…

朝鮮半島報道はNBC(アメリカ)が圧倒的リード

今回の朝鮮半島の危機をめぐっては、アメリカのNBCが詳しく放送している。私はNY滞在時には、ほぼABCのニュースばかりを見ている。しかし今回は、情報の入手、総合的なリポート、識者の討論と、NBCの果敢な報道ぶりが目立っている。

まず、アメリカによる先制攻撃の準備報道が、NBCから飛び出した。北朝鮮が核実験を行った場合(行おうとする場合)に、アメリカが北朝鮮に先制攻撃を行う準備を完了したというニュースだ。

US:PREPARED FOR PREEMPTIVE STRIKE ON NORTH KOREA

このニュースは大きな衝撃を与えた。おそらくアメリカは、攻撃準備を完了した状態がいまに至るまで継続しているわけだ。

今回、日本のメディアでは、ことの重大性に比べて北朝鮮に関する放送時間が少ないように思える。

対してNBCは、十分な時間をとって、韓国やホワイトハウス、フロリダ(トランプ大統領の別荘)などからニュースリポートが放送されている。また、これまで国防に関与してきた重要人物や専門家のインタビュー企画、中継討論なども充実しており、北朝鮮をめぐる情勢がどのように動いているのかがよくわかるようになっている。

シリア攻撃との関連、北の核放棄の選択肢も報道

こうした中で特に印象的だったのは、シリアへの攻撃を北朝鮮への警告とする報道だ。NBCの世論調査では、シリアの化学兵器使用に対する巡航ミサイル攻撃について、支持する66%、反対24%となっている。アメリカでは、シリアへの巡航ミサイル攻撃が圧倒的な支持を得ていることに気づく。こうした世論調査の結果も踏まえ、シリアへの攻撃を、北朝鮮への警告と位置付けている。

また、もうひとつ印象的だったのは、北朝鮮の脅威を大きく報じている一方で、ペンス副大統領が「北朝鮮には核を放棄するというチャンスもある」と語っている場面だ。

私は投資家に対して、北朝鮮情勢への対応については「半身の姿勢」を勧めている。軍事的な衝突の可能性がある一方で、中国・アメリカと北朝鮮が新たな枠組みで合意する可能性もあるというわけだ。

Next: 中国・アメリカ・北朝鮮の度胸試し大会。米メディアの報道に注目を

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい