fbpx

「家族に迷惑かけられぬ」東京ハイクラス老人ホームの年間コストは?=梶原真由美

東京城南地域で介護付き老人ホームに入居した場合

東京城南地域(品川区、目黒区、大田区、世田谷区)で、介護付き老人ホームに入居した場合を想定してみましょう。

試算モデルにしたのは、下記の介護付き有料老人ホームです。

株式会社フィルケア(住友林業G)
グランフォレスト学芸大学
http://www.fillcare.co.jp/facilities/gakugeidaigaku/map.html

料金プランは3種類で、入居時年齢により入居一時金が異なり、入居一時金のほかに月額利用料がかかります。

70歳~79歳入居の場合は以下の通り(単身)。

  1. 基本プラン 一時金:2,412万 月額利用料:29.2万
  2. 特別プラン 一時金:2,988万 月額利用料:21.2万
  3. 入居金0円プラン 一時金:0万  月額利用料:62.7万

一時金は、償却期間が定められており(この年齢帯は6年)、償却途中で退去の場合は未償却分が返還されます。

シミュレーションして判明したのは、

  • 6年目までで退去の場合、全てのプランで総額は同じなのでどのプランでも良い
  • 7年以上の入居となると、(2)プランが1番総額が低くなる
  • 希なケースだが、半年~1年未満の入居の場合のみ(3)プランが妥当となる
  • (1)プランにするメリットが見当たらない

以上のことから、(2)の特別プランを選択するのが数字上では賢明だということがわかりました。

そして気になる想定入居年数合計コストは、以下の通りです。

男性71歳から、9年間入居した場合の総額コスト:5,274万
女性74歳から、12年間入居した場合の総額コスト:5,782万

いかがでしたでしょうか?

今回、試算のモデルケースとしたのは、ハイクラスの介護付き有料老人ホームであり、もっと廉価なホームもたくさん存在しています。

私がお伝えしたいのは、お金は増やすだけではなく、増やしたお金をどこでどのように使うかを考え、目的を持って資産運用をして欲しいということです。それによって、自分に必要なリターンと、取るべきリスクがわかるからです。

今回は、その目的の1つともなろう「豊かな老後資金」に着目して、必要な費用を試算してみました。みなさまのご参考になれば幸いです。

【関連】FPは見た!資産運用で「やられちゃってる人々」がハマる3つの罠=梶原真由美

【関連】プロ直伝「独自の投資手法」の作り方。みんなと同じじゃ報われない!=房広治

【関連】「ウマい投資話にダマされる人」5つの特徴。詐欺師の手口いろいろ=俣野成敏

1 2

億の近道』(2017年4月12日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

億の近道

[無料 週3~4回]
個人投資家の方にも機関投資家並み、若しくはそれ以上の情報提供をするのが目的です。株式で「億」の資産形成を目指しましょう!我々マーケットのプロが導きます。各種コラムが大好評!内容に自信アリ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー