fbpx

アップルが選んだ「日の丸規格」スイカは世界のデファクトを目指す=岩田昭男

セブン銀行の「お店のレジで現金を下ろせる」新しい試み

さらに、5月11日になって、セブン銀行が突然、「スマホでATM」に続いて、来春からセブンイレブンのレジを使って「現金受け取りサービス」を始めるとリリースした。

これは企業から個人に宛ててお金を送るサービスのこと。送金ビジネスを予告するリリースであった。

これからネットショッピンクでの買い物での返金や手数料の支払いなどで、企業が個人にお金を送る機会が増えてくる。それに合わせて、これまで郵送や銀行を通じて行っていた送金を企業が独自に行う動きが出てきた。

来春からはそちらも活性化するようだ。その際にセブンイレブンはセブン銀行のATMと共に店のレジも活用して、現金の受け取りのできるサービスを展開しようとしている。

このように来年からは全国のATM周辺とレジ周りで様々なサービスが生まれ、いろいろな使い方ができるようになる。その変化はまさに劇的と言うべきものだ。

レジはお金の清算だけでなくATMの代わりをするようになるし、ATMもまたスマホと連携してさらに新しい機能を果たすようになる。これまで私たちがカード中心にお得や利便性を考えてきたが、今後はATMやレジも含めて、そうしたネットワーク全体でお得を考える時代になっていくのである。

こうした変化に私たちはついていかなければならなくなるし、その中でお得を見つけるようにしなければならない。この変化に詳しければ得をすることができるが、知らなければ損をする。そういう時代がやってくる。

その一方で、注意しなければならないのは、キャッシュアウトや送金を狙ったオレオレ詐欺が増えることだ。とくに高齢者は今以上に注意が必要になるだろう。
続きはご購読下さい。初月無料です

※参考:「Suicaが世界を制覇する」アップルが日本の技術を選んだ理由 – 岩田昭男の上級カード道場


※本記事は、『達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』2017年5月15日号の抜粋・再構成です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】就職も結婚もできない「クレジットスコア超格差社会」に突入する日本=岩田昭男

【関連】ジョジョの奇妙な人口問題~「100人村」で理解する2065年日本の危機=東条雅彦

【関連】ビットコインは「ノアの方舟」なのか? 出口なき緩和マネー大洪水を生き残る術

1 2 3

達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』(2017年5月15日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場

[月額880円(税込) 毎月1日・15日配信]
世の中すっかりカード社会になりましたが、知っているようで知らないのがクレジットカードの世界。とくにゴールドカードやプラチナカードなどの情報はベールに包まれたままですから、なかなかリーチできません。また、最近は電子マネーや共通ポイントも勢いがあり、それらが複雑に絡み合いますから、こちらの知識も必要になってきました。私は30年にわたってクレジットカードの動向をウォッチしてきました。その体験と知識を総動員して、このメルマガで読者の疑問、質問に答えていこうと思います。ポイントの三重取り、プラチナカード入会の近道、いま一番旬のカードを教えて、などカードに関する疑問にできるだけお答えします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー