fbpx

終わるVISA一強支配。アップルがクレジット業界に仕掛けた戦争の勝者は?=岩田昭男

アップルがVISAに代わって、さまざまな業界ルールを決めていく

今回のアップルの動きをクレジットカード業界の仕組みという面から見てみると、次のようなことがいえます。

今は、クレジットカード会社の上にはVISAやマスターなどの国際ブランドが乗っていて、下にはたくさん加盟店があります。

その加盟店で消費者がクレジットカードを使って買い物をしたりサービスを受けると加盟店からクレジットカード会社に手数料が払われ、国際ブランドにも手数料が落ちるという仕組みになっています。

ところが、今回ここにスマホ事業者が加わり、最上位にいた国際ブランドの列にアップルが加わるということになって、カード会社はアップルにも幾ばくかの手数料を払わなければならなくなりました。こうなると、「いったい誰が親分なの」ということになってきます。

つまり、これまではトランザクションの手数料率などは、VISA、マスターカードが決めていましたが、今後はその他にアップルがいて、カード会社からスマホ利用料として手数料をとるようになるのです。

カード会社はVISAとマスターカードだけでなく、アップルにも手数料を払うことになりますから、採算があわないカード会社もでてくるでしょう。

しかも、アップルはカード業界のしきたりは関係ありませんから、いろいろな無理難題を言ってくる可能性があります。VISA以上にうるさくいってくるかもしれません。

これは、これまでのクレジットカード業界にとってなかったことであり、非常に大きな意味を持つ出来事です。何しろ、「VISAに代わって手数料をとりますからよろしく」というところなど今までなかったわけですから。

その結果、クレジットカード業界の盟主が変わる可能性が高くなってきました。アップルがVISAに代わって、さまざまな業界ルールを決めるということが現実になりつつあります。

そのために、カード会社のなかには、従来の国際ブランドに支払っていた手数料に加えてアップルにも手数料を払うなんてとてもできない、というところもでてきています。たとえば、中堅規模のカード会社です。

もちろん、アップルペイに入って手数料を払ってもそれを上回る見返り、メリットがあると判断したカード会社もあります。大手のカード会社がそうです。

繰り返しになりますが、こうしたことは今までになかったことであり、クレジットカード業界の根幹を揺るがすきわめて重大な出来事なのです。

そして、その影響ははっきりとでています。今回のアップルペイの取り引きでは、VISAの影が薄くなってきています。

クレジットカードのVISAブランドはリアル店舗の買い物には使えても、ネットやアプリでの買い物ができないといわれて、みなが迷惑を被っています。

これはつまり、アップルの仕組みに入ることをVISAが拒否しているから起こっていることでしょう。水面下でアップルとVISAの戦いが勃発しているのです。そのとばっちりを私たちは受けているのです。

Next: アンドロイドとの違い/クレジットカード会社に吹いた突然の神風

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー