fbpx

初対面でも会話に困らない。手軽に「経済ネタ」をレパートリーに入れる方法=高梨彰

値上がりした項目は?

一方、上昇が確認される項目を探すと、「光熱・水道」「保険医療」「交通・通信」などが主なものとして出てきます。

「光熱・水道」は石油価格上昇が主な要因です。CPIの寄与度は7%程度です。原油先物価格が上がれば「光熱・水道」はほぼ自動的に上昇します。

「保険医療」と「交通・通信」は、モノではなく人が関わる「サービス」の価格です。サービスのうち、「お医者さんに行って診てもらう手間賃ばかりが上昇している」と「営業トーク」では使えそうです。

同じ「サービス」の項目でも、「教育」や「教養娯楽」の伸びは緩慢です。また「理美容サービス」などの床屋さん関連も伸びていません。「学びや遊びに関わる価格は上がっていない」と、何とも寂しい「営業トーク」が展開されます。

生活必需品ばかりが値上がりしている

総じて「生活に必要なモノやサービスの価格ばかり上がって、余暇に贅沢ができない」のではと思わせる中身です。私も髪は1,000円カットばかりで切っていて、美容院には学生の時以来行っていません。

極端な言い様ですが、「日銀の物価安定目標の達成は1,000円カットが毎年2%ずつ値上がりする世の中」という「営業トーク」も強ち間違いではないかと。

てことで、日銀の目標達成はとっても難しい状態です。目標を変えるか、手段に限界が来るか、どちらかまたは両方により政策変更が行われる可能性の方が圧倒的に高そうです。

それでも「今までの成果」ばかりを、日銀は「営業トーク」に使うでしょうけど。

今回のまとめ

  • 景気ウォッチャー調査と消費者物価指数(CPI)が「営業トーク」に便利
  • コメントや項目毎のデータを見るのがコツ
  • 髪の1,000円カットが毎年2%ずつ値上がりする日本、想像できますか

【関連】東日本大震災後の3月14日、オプション市場で起きていた「想定外」の事態=高梨彰


※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2018年4月20日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

※2018年4月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・ムーンウォークな動き(4/23)
・CPIで「営業トーク」(4/20)
・原油は買われ、逆イールドが視野に(4/19)
・バーバラさんからの贈り物(4/18)
・マラソンも政治経済も市場も(4/17)
・等加速度運動に置いてけぼり(4/16)
・ロシアにケチ付け、ロシアを利する(4/13)
・チョッピーな動きに評価損増えやすく(4/12)
・政治の停滞が市場価格に反映されつつ(4/11)
・習近平に見せつけられる(4/10)
・目先の値動き、大人しくなるのでは(4/9)
・トランプと半沢直樹との違い(4/6)
・報復関税と豚さん(4/5)
・強で売って甘で買う(4/4)
・株安と支持率上昇(4/3)
・インバウンド需要も一極集中(4/2)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

4月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

3月配信分
・転換点は来月半ば以降でしょうか(3/30)
・スローパンクチャーな昨日今日(3/29)
・検索しても日本が出てきません(3/28)
・証人喚問、警戒すべきは…(3/27)
・アフリカンシンフォニーも良いけれど(3/26)
・「理論値」には大らかに(3/23)
・FOMCへの複雑な反応(3/22)
・金利、3つの要素(3/20)
・1,000兆円の根雪(3/19)
・アベさんのいない世界(3/16)
・財務省の強かな管理、なのに…(3/15)
・クビ差アタマ差、爪噛む相場(3/14)
・扱いが小さい日本(3/13)
・森友問題とアベノミクスの因果関係(3/12)
・アベクロよりアバクロ(3/9)
・処分売り、峠を越したのでは(3/8)
・ニュースよりチャート(3/7)
・切らされるばかり(3/6)
・円高エイリアン(3/5)
・決算対策の季節(3/2)
・黒田総裁のやる気度(3/1)

2月配信分
・良い数字が株価を下げる(2/28)
・議会証言、余計なこと考えず(2/27)
・苦々しいだけの株高・債券高(2/26)
・原油高が続いています(2/23)
・米長期金利上昇を止めるもの(2/22)
・ポートフォリオは傷んだまま(2/21)
・働き方改革に思うこと(2/20)
・インバウンド需要、これから(2/19)
・刹那的(2/16)
・それほど上昇していない、米長期金利(2/15)
・新たな塩漬け(2/14)
・荒れた相場にゃフィボナッチ(2/13)
・こんな時に、取引所は…(2/9)
・コメントよりテクニカル(2/8)
・デッド・キャット後に控える生きた猫(2/7)
・NY株安、大したことないけど、不安増幅(2/6)
・米金利上昇、8日辺りまでが目処(2/5)
・投げこ・踏みお親子が嘆く金利上昇と日銀(2/2)
・市場の「錯覚」(2/1)

【関連】現実味を帯びてきた安倍政権の退陣。アベノミクス終焉がもたらす皮肉な経済成長=斎藤満

【関連】Amazon一強時代は終焉へ。「Google」がじわじわとEC界を侵略している=シバタナオキ

【関連】ドバイで進む「人工知能政府」開発を、なぜ日本のマスコミはひた隠すのか?

1 2

高梨彰『しん・古今東西』』(2018年4月20日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

高梨彰『しん・古今東西』

[月額864円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
チーフストラテジストとして、年200回ほど発行していたメルマガ『古今東西』が、『しん・古今東西』としてここにリニューアル。株・債券・為替などの金融市場全般から、マクロ経済、市場心理など、「これ何?」なことを徒然なるままにお伝えします。四方山話も合わせ気軽に読めて、しかも相場を「自分で判断出来る」ようになるメルマガです。是非一度お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい