fbpx

日経平均が9月に高値を突破した理由! チャートが示す年末高を解説=伊藤智洋

チャートに意思表示があった以上、その動きを重視すべき

過去の値動きの経験則で言えば、日経平均の9月の高値の突破は、単純にイレギュラーだと考えられません。固執しているわけではなく、何らかの根拠があって積極的になったと推測できます。本来、未来のことなどわかるはずもないのですが、チャートが未来を暗示する形を作るという個人的な経験値があります。

今回の場合、私の優先順位は、「政策での後押しなどあるわけがない」という決めつけではなく、チャートの示す通り、政策の後押しがあらわれる可能性があるという見方の方が先になります。

株価を押し上げるための十分な政策の後押しがあるかもしれないという理由がまったくないわけではありません。安部総理の最大の目標は、憲法改正です。憲法改正のための国民投票を実行できる状況を作るには、消費税引き上げを正当化し、参議院選挙で勝利することが必須条件です。

人の行動は目標がはっきりしているときにだけ予測可能です。今回は、安倍総理の最後のチャンスになるのですから、できるだけのことをやるはずです。

今回のようなチャートの動きには、必ず理由があります。一度、はっきりと意思表示があった以上、その動きを重視すべきだと考えています。

臨時国会は、10月24日に開会するようです。政府は、本年の一連の災害からの復旧・復興などに向けた今年度の補正予算案を提出する予定になっています。10月31日は、日銀会合での決定内容が発表されます。

10月末の状況次第では、日経平均が2万2,323円付近を底値として、6,000円幅以上の上げ局面へ入る可能性があります。注目したい場面です。

続きはご購読ください<残約2,000文字+図版>

東京金先限は6000円以上を目指すスタート地点にたった

今回は、金の展開について、以下の動画で紹介致します。大勢の上昇局面の最終段階の上昇が始まったという見方です。以前に紹介している内容を含めて、順を追って説明すると長くなるので、動画を掲載することにしました――
※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ購読!

パワー・トレンド講座、第六十二回 調整の目安の考え方

一定の流れを継続している途中の調整がどこで終わるかを推測する場合、調整の仕方によって、目安になるポイントが変わります――
※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ購読!

image by:Thanakrit Sathavornmanee / Shutterstock.com


※本記事は有料メルマガ『少額投資家のための売買戦略』2018年10月14日号を一部抜粋・再構成したものです。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。今月配信済みバックナンバーや本記事で割愛した全文(NY金の展望、日経平均の今後のシナリオ)もすぐ読めます。

【関連】ひとり負けの「かっぱ寿司」、好調のスシロー・くら寿司とどこで差がついた?=栫井駿介

【関連】ソロスが狙う次の通貨危機。養分になるのが嫌なら「タイ株」を刮目して見よ=鈴木傾城

【関連】中国勢の引き上げで湾岸タワマンは売れ残りへ。いつ家を買うのが正解なのか?=午堂登紀雄

1 2

『少額投資家のための売買戦略』』(2018年10月14日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

『少額投資家のための売買戦略』

[月額1,078円(税込)/月 毎月第2・第4日曜日(年末年始を除く)]
値動きには理由があります。一般的に言われているような確率や、需給の変化を見るだけでは、先のことなどわかりません。確率論や、統計データ分析をやりつくし、挫折を味わった経験があるからこそ、理解できた値動きの本質を書いてゆきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい