fbpx

政府の基幹統計、4割の22統計に誤り。信頼毀損で海外投資家は日本から完全撤退へ=今市太郎

日銀の下駄履き分5,000円などあっという間に剥落可能

JGB(日本国債)については既発行の半分近くを日銀が保有しているわけですから、本邦の債券市場は無風と思われます。

問題は株式市場で、とくに日経平均はそうでなくても買い支えているのが日銀であることは市場に知れ渡っていますから、海外勢が今回のような国家データ改ざんを嫌気して日本株への投資を撤退するのみならず、売り浴びせで反応することになれば、ここから日経平均があっという間に日銀の買いさえによって下駄を履かせてもらっている5,000円程度下落するのはわけない状況です。

なぜか本邦Sell Sideの証券屋お抱えアナリストなどはこの件のリスクを一切口にせず、春には日経平均2万4,000円だ、3万円だと、荒唐無稽の数字だけを口にして楽観相場を演出しようとしています。

ですが、状況はそんな浮ついたものではなくなっていることを、我々賢明な個人投資家はしっかり理解する必要があります。

国家データ改ざんは日本株の信用をどん底に突き落とす

安倍首相はほとんど意味のなくなったダボス会議にノコノコと出席して、昭恵夫人の日本酒をアピールするのに余念はないようです。

しかし市場では、Bye Byeアベノミクスといった状況が一段と強まる可能性が高まっています。そのくらい、国家データ改ざんは世界からの市場信頼毀損を招く、極めて深刻な事態です。

どうもそのことを、この政権の人たちや役所の役人は正確に理解していないように見えます。

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 1月配信済みバックナンバー>

※2019年1月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年1月配信分
  • ムニューシンが招集した金融作業部会が恥を忍んで株上げの方法を聞きに行ったのはレイダリオらしいというお噂(1/26)
  • 本邦基幹統計22に問題〜信頼毀損で外人投資家は日本から完全撤退か(1/25)
  • またしてもやってくる政府債務上限問題〜ここからは米国債ショック再来に厳重注意(1/25)
  • ドイツ銀行まさかの市場最大マネロン加担で大問題発生か(1/24)
  • 結局日本は6年かけても膨大な負債だけ残してデフレ脱却できずか(1/24)
  • 弾劾・辞任かディープステート粛清か?トランプが直面する米国内謀略戦の行方(1/23)
  • 年初から本邦不信の材料満載〜外国人投資家は日本株から大幅撤退か(1/22)
  • 米中貿易交渉進展を楽観視する市場〜しかしライトハイザーはやわじゃない(1/21)
  • 欧州系外銀の自己売買部門が次々閉鎖〜金融セクターの様子がおかしい(1/20)
  • 為替相場はBREXITに飽きた?あまり大きく動かないポンド相場(1/19)
  • フラッシュクラッシュも危険だがDD方式の店頭FX業者はそのリスクを増幅するさらに危険な存在(1/18)
  • 起こりえない事が全部起きる仮想通貨ブロックチェーン〜これもうアウトでは?(1/17)
  • 大手年金基金PKOとパウエルプット発言で戻り基調の米株上昇の賞味期限(1/16)
  • GPIF・世界屈指の人工無能投資で老齢貧困社会到来はすぐそこに(1/15)
  • 中国春節前後にまさかの戦争?いきなりドル円に顕在化する地政学リスク(1/14)
  • 虚偽の政府統計でアベノミクス成長の嘘全面露見か〜海外勢が日本投資をやめる日(1/13)
  • 予想通り益々様子がおかしくなってきたBREXIT〜英国は正気を取り戻すのか感情の趣くままに破滅的破断界に突き進むのか?(1/12)
  • ペソスの別れたカミさんが保有株売り飛ばすとアマゾン大暴落?全体未聞の上場超優良株経営者離婚破綻の可能性(1/11)
  • 米株市場が心配する企業のプロフィットリセッションは今年確実に到来しさらに深刻な問題を引き起こしそう(1/11)
  • いよいよ英下院BREXIT投票〜本邦休日を控えて迂闊なポジション保有厳禁!(1/10)
  • ドル円フラッシュクラッシュはドル安相場開始の前兆か(1/9)
  • 金融庁が仮想通貨ETF認可の可能性報道は本当の話?(1/8)
  • パウエルが市場の催促相場に負けて緩和しても米株は既に暴落に突き進む可能性について(1/7)
  • パウエル議長結局市場とトランプに脅かされ緩和に逆戻りか(1/6)
  • まさかの利下げを織り込み始めた米債券市場(1/5)
  • 多くの本邦個人投資家が運用証拠金を失った3日のドル円暴落(1/4)
  • 相場の暴落が起きるたび高まる国内店頭FX業者への猜疑心(1/4)
  • 2019年確実に市場のリスクとして意識される日銀の存在(1/3)
  • 新年から今年の相場を占うかのようなドル円フラッシュクラッシュ発生(1/3)
  • メディアに登場する市場の識者の話は本当に信用できるのか(1/2)
  • 2019年突然暴落に巻き込まれないためのプロテクティブトレードの勧め(1/1)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2019年1月25日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込864円)。

2018年12月配信分
  • 社債発行で自社株買いした米系企業が危ない!年明けからの破綻に注意(12/31)
  • 2019年私的相場予測(5)最大のリスクは依然トランプの存在(12/29)
  • 2019年私的相場予測(4)ヒトの相場予測が当たらない時代を認識する(12/28)
  • トランプに恫喝食らったパウエルFRB〜株上げのためステルスQE再実施か(12/27)
  • 2019年私的相場予測(3)政治的要因で為替が動く相場に(12/27)
  • バブルの崩壊局面で多くの個人投資家が引っかかる罠〜押し目買い厳重注意(12/27)
  • 2019年私的相場予測(2)インフレ到来かデフレ不況かの2つのシナリオ(12/26)
  • 市場から一旦退場して資金を守り様子を見るべきタイミング到来か(12/25)
  • 2019年私的相場予測(1)〜両建て経済いよいよ終焉か(12/25)
  • トランプラリー・就任から2年弱にして完全終了か〜全値戻しも夢じゃない(12/25)
  • 邦銀大丈夫?CLOに拡大したクレジット市場の崩れで大損失の恐れ(12/24)
  • 日米貿易交渉〜政権の見え透いた嘘がまたバレる(12/23)
  • トランプFRBパウエル議長を更迭?本当にできる?その時相場はどうなる?(12/22)
  • エリオット波動理論でリアルな売買はできるか?(12/22)
  • 金融市場はいきなり1937年の再来か?FRB利上げ政策失敗のデジャブ(12/21)
  • 元IMFチーフ・エコノミスト ケネス・ロゴフにやんわり馬鹿呼ばわりされた日本の金融庁の仮想通貨政策(12/21)
  • FOMC決定はほぼ予定通り〜ウォール街が恐れはじめたトランプの株価暴落見殺し戦略(12/20)
  • 外国人のJGB買い越し過去最高〜しかし真の敵は本邦にあり(12/19)
  • 市場がパウエルプットを期待しても実現はかなり難しい理由について(12/18)
  • 年初にS&P500の年末下落と言い当てたガンドラックの来年予想とは(12/17)
  • 賃金上がっていないと感じるのは人の感性の問題ではなく厳然たる事実(12/15)
  • 危急的人手不足は低賃金労働者不足の間違い〜賃金が上がれば外国人労働力のお世話になる必要なし(12/14)
  • 米国FIRRMAを見ると対中抑止戦略の中身がよくわかる(12/14)
  • BREXIT騒動は結局のところ英・保守党政治家が引き起こしたミスリード(12/13)
  • 事前準備なききまぐれ国民投票が最後まで尾を引くBREXITディール(12/12)
  • どうするパウエルFRB〜米株の下落にFOMCは耐えられるのか?(12/11)
  • 日本の景気は全くよくないことをGDP確報値が証明〜〜消費税上げすればとてつもないリセッション到来か(12/10)
  • 要注意!米債逆イールドの影響はまず株価のリターン低下に顕著に表れる(12/10)
  • 連日大きな値幅で上下する米株の理由不明〜リスクの兆候に怯えすぎの相場(12/8)
  • EU離脱案英国下院承認は絶望的で年末はポンド下落祭り〜ドル円も大きな影響をうける展開に(12/7)
  • 米ハイテク株下落の影で進行する社債バブル崩壊の足音(12/6)
  • とうとう始まった米債の逆イールド〜相場暴落は予想より早い?(12/5)
  • サラリーマンアナリストの来年相場予測に翻弄されても儲からない(12/4)
  • 武田の臨時株主総会でシャイアー買収承認に注目〜年末は一気にドル高の可能性(12/3)
  • 金融庁金商法改正でICO規制実施〜結局何が問題なのか?(12/3)
  • BOEが試算した合意なき離脱の悲惨な損失〜それでも英国民の多くがEUに屈するよりましと思うそのセンチメントとの源泉とは(12/3)
  • パウエルがトランプに忖度しても簡単に利上げを後ずれできない米国経済事情(12/1)

2018年12月のバックナンバーを購入する

2018年11月配信分
  • ビットコインとうとうバブル崩壊か(11/26)
  • ドルの実効レートは歴史的高値水準〜ここから下落方向を視野に(11/26)
  • 仮想通貨の神は死んだ?高邁な思想だけでは動かないBCHブロックチェーン開発のきわめて厳しい現実(11/23)
  • レイダリオの著書が指摘する債務危機の現実が来年以降米国を襲う?(11/22)
  • 今年はもしかして感謝祭相場なし?(11/21)
  • トランプが甘い見通しを語り側近が否定する米中首脳会談に成果はあるか(11/20)
  • とうとう日銀まで疑いだした日本の政府統計〜誤集計かねつ造か改ざんかそれが問題だ(11/19)
  • ブロックチェーン礼賛論に異議あり〜仮想通貨のHFに見る恐怖の集団闘争プラットフォーム(11/18)
  • UKまさかの合意なきEU離脱でポンド暴落・ドル円は100円が視野?(11/17)
  • 意外に足元の状況を分かっているパウエルFRB議長(11/16)
  • 中央銀行の資産がGDP超えて本当に大丈夫か?日銀資産GDP超確定(11/15)
  • ハードフォーク争いがぶち壊す仮想通貨〜中央集権的でないことは本当に素晴らしい?(11/14)
  • この11月HFに大量解約が出ている可能性(11/14)
  • トレンドラインを引いて分析するのは時代遅れ?ビッグデータで市場のセンチメントを掌握するファンド勢が主流か(11/13)
  • 米株年末再上昇に賭けるファンド〜金利高と株高はいつまで同居できる?(11/12)
  • ロイター企業調査結果にみる本邦輸出企業の状況誤認〜輸出拡大などするわけがない(11/11)
  • 相場暴落に加担し全く儲からないリスクパリティ戦略にファンドは何故こだわるのか(11/9)
  • 中間選挙終了でいよいよトランプのターゲットは日本の貿易不均衡問題へ(11/9)
  • 米国ねじれ議会の誕生でウォール街が危惧するボルカールール再巻き戻し(11/8)
  • 相場の方向性を当てることが利益獲得にはならないFXの世界(11/7)
  • 実需は投機より強し〜10月暴落相場でも殆ど下落しなかったドル円の裏事情(11/6)
  • 米国民の保守化進行〜Walkawayキャンペーンによる投票行動変化は起きるか(11/5)
  • 10月暴落相場〜果たして一体だれが儲かったのか?(11/4)
  • 中間選挙年の相場アノマリーと現実の動きとどう折り合いをつけるか?(11/3)
  • 株偏重の10月暴落相場でウォール街のミレニアル世代は損失回避できた?(11/2)
  • 人工値付け相場の限界?ほとんど意味がなくなった日銀のETF買い(11/1)

2018年11月のバックナンバーを購入する

10月配信分
・月末雑感〜今年残り2か月ファンド勢はどう戦うのか?(10/31)
・株暴落の影に隠れて話題にならないドイツ銀行は本当に大丈夫か?(10/31)
・対ドル7中国人民元超で一体市場に何が起きるのか?(10/30)
・AIはどこまで相場暴落に関係しているのか?(10/29)
・今年のハロウィン買いはやはり一旦様子見か限定買いで…(10/27)
・米中間選挙結果でドル円はどうなる?結局どう転んでも金利高示現?(10/26)
・23日の相場暴落からおぼろげながら見えてくる発生のその仕組み(10/25)
・たった4%の米国民しかサウジは味方だと思っていない厳しい現実(10/24)
・習主席が揺るぎない支援を表明しても依然揺るぎないリスクが残る中国(10/23)
・全資本市場崩壊は免れたが危険は継続中の危ない相場状況(10/22)
・ムハンマド絶体絶命〜カショギ氏の死亡を認めたサウジ〜トランプの出方次第で相場大荒れ必至(10/20)
・今年も儲かっていないヘッジファンドの状況から見えてくるもの(10/20)
・下げ止まらない中国株と人民元〜すでに当局は制御不能?(10/19)
・BREXITネタでのポンド売買は楽観的報道に注意(10/18)
・サウジへの米国の経済制裁対策での米債・米株売りが進めば相場は大混乱(10/17)
・サウジ・米国対立というテールリスク 原油高騰が市場に与える影響(10/17)
・今年はハロウィンが買い場にならない可能性も(10/16)
・米株相場の底はまだ深い可能性〜飛びつき買いは一拍待ってから(10/15)
・仮想通貨は相場暴落時の資金の逃避先にはならない〜米株暴落で分かったここ一番のリスクに全く役にたたない存在(10/14)
・やはり想像通り〜安倍政権の強調するTAGの正体は為替条項付きFTA交渉(10/14)
・足元の相場はブラックマンデー2.0という不吉な観測について(10/13)
・1兆ドルの自社株買い余力が発揮されない時期に起きた米株暴落(10/12)
・米10年債金利上昇は米株上昇を終焉させるか〜強気派ミレニアル世代が直面する断末魔(10/11)
・中間選挙まで1か月を切りメディアのトランプ叩きピークタイム到来(10/10)
・キャッシュアウトで暴落待ちのバフェット〜我々はそれを真似ればいいのか強引なミレニアル世代の買上げ相場に追随すべきか?(10/9)
・市場予想を下回る中国・外準、上海株3.72%下落〜中国がおかしい(10/9)
・改憲論に傾斜する安倍政権を海外ファンド勢は嫌気確実〜年末相場は盛り上がらない(10/7)
・米株の上昇を支えるのは結局ウォール街のボーナスインセンティブという懲りない業界の繰り返し(10/7)
・6日からはじまる金星逆行の不吉な40日間〜過去にもろくな事が起きない(10/6)
・中国の売り?原油高?パウエル発言?とにかく急上昇はじめた米10年債(10/5)
・明確な理由がないドル高〜ドル円は結局日本株連動が大きな要因か(10/1)
2018年10月のバックナンバーを購入する

【関連】また忖度。勤労統計「データ改ざん」で露呈した見せかけの賃金上昇と雇用改善=斎藤満

【関連】低ランクだと結婚できない…中国人に聞いた「信用スコア社会」の実態と芝麻信用の影響力=岩田昭男男

【関連】大麻ビジネスに乗り遅れる日本、世界はマリファナ巨大市場の誕生でハイになっている=鈴木傾城

1 2

今市太郎の戦略的FX投資』(2019年1月25日号)より抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

今市太郎の戦略的FX投資

[月額864円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日]
個人投資家がもっと得難いファンダメンタルズを徹底的に集めテクニカルで売買チャンスを探るFX投資家のためのメールマガジンです。土日を覗く平日毎日の配信となりますので、確実に日々の売買に役立てることが可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい