fbpx

投資信託と賢くつき合う。簡単!「運用報告書」の読み方、使い方=カン・チュンド

投資信託をしっかり管理するには年間トータルコストの把握が不可欠。そこで去年12月の投信法改正によりさらにコストが把握しやすくなった「運用報告書」の読み方を、投資信託のスペシャリスト、カン・チュンドさんが実例を挙げて分かりやすく解説します。

運用報告書を読みこなし、年間トータルコストをしっかり把握する

投資信託は情報開示の「優等生」

私見ですが、投資信託というツールは、保険商品と比べて5倍くらいの情報開示をしてくれていると思います。特に、数字の部分について、きちんと明示してくれています。

例えばの話、あなたがプルデンシャル生命のドル建て個人年金保険を買った場合、ストライプスーツを着たライフプランナーにいったいどれくらいの「手数料」を払うことになるか、あなたには分かりますか?

いいえ、わかりません

一方、明日のお昼休みに、みずほ銀行に行って、今、いちばん売れ筋の『メディカル・サイエンス・ファンド』(愛称:医療の未来)を行員の人から勧められて買ったら、みずほ銀行さんにいったいどれくらいの手数料を払うことになるのか、あなたには分かりますか?(決してお勧めしているわけではありません。買ってはダメですよ)

はい、分かります!

ちなみに、『メディカル・サイエンス・ファンド』の購入時手数料は3.24%。運用管理費用は年1.944%です。ほら、ちゃんと明示してくれていますよ。(ただし、買ってはダメですが……)

この『メディカル・サイエンス・ファンド』もそうですが、投資信託のコスト体系は、ちゃんとインターネット上で、誰でも無料で見られます。

これって素晴らしいこと。逆の言い方をすると、保険商品の情報開示の姿勢が「いかに遅れているか」という証左です。まるで18世紀的!

昨年12月の投信法改正で、コストがさらに把握しやすく

あっ、すみません。わたくし先ほどの説明で、ちょっと手抜きをしていました……(-_-;)

実は、投資信託を買って、継続的にかかってくるコストは、運用管理費用(信託報酬)だけではありません。

実は、他にもいろいろと継続コストはかかってくるのです。そう、あなたがその投資信託を持ち続けて、1年間でどれくらいの「継続手数料」を払っているかを知るためには、「年間のトータルコスト」をパーセントで知る必要があるのです!

実は、「運用管理費用」+「プラスアルファの諸費用」=「年間トータルコスト」なのですね。

「カンさん、その年間トータルコストって、どこで見るの?」

はい、運用報告書です。運用報告書とは、決算ごとに出される投資信託の「全行動記録のレポート」のことです。

実は私たちにとって嬉しいニュースがありまして、投信法が改正され、去年の12月から運用報告書が2つに分けられたのです。

交付運用報告書」と「運用報告書(全体版)」です。

普通の人は「交付運用報告書」を見るだけで十分だと思いますが、必ず見てくださいよ!私たちが知っておかないといけない年間トータルコストも交付運用報告書にちゃんと載っており、なんとパーセントで確認できるようになりました!

「えー、カンさん。その交付運用報告書って、どこで見るの?」

はい、そのファンドを作っている運用会社さんのサイトです。

Next: 実例をあげて徹底解説!交付運用報告書の読み方、使い方

1 2

無料メルマガ好評配信中

カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

[無料 ほぼ週刊]
早くも650号突破! 皆さん、投資をもっとシンプルにしたいと思いませんか?ファンドの選び方は?コスト体系は? 投資信託のスペシャリストを自認する独立FPが、ファンドの【基礎】から【実践的な活用法】まで懇切ていねいにレクチャーします!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい