fbpx

日経平均、2ヶ月ぶり2万1,000円割れ。6月は高確率で1万9,450円の節目にトライする(5/30)=橋本明男

明日で月足が確定。今日時点で見ると丸坊主の陰線です。6月はかなり高い確率で2万300円、1万9,450円という下値の節目にトライするのではないでしょうか。(『相場コラム『わしの罫線』』橋本明男)

きょうの日経平均は小幅に続落、前日比60円安の2万942円

冷静に見て、二段下げ相場入り

昨日はニューヨーク市場が大幅に続落し、ダウ平均は221ドル安と、どう見ても踊り場を下離れた格好になりました。

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

これを受けまして東京市場、日経平均は194円安の2万809円までありましたが、そこから戻りに入り、以下の結果になっています。

日経平均株価終値 日足(SBI証券提供)

日経平均株価終値 日足(SBI証券提供)

日経平均株価の大引けは、60円安の2万942円と底堅さを見せました。
トピックスは、4.43ポイント安の1531.98ポイント。
出来高は、概算11億1千万株で終わっております。

日経平均はまだ5月14日のザラ場安値は切れておりませんので、底割れの型にはなっておりませんが、大引けベースでは頑張ってきた2万1,000円の大台をついに割れました

冷静に見て、第二段下げが始まった型でしょう。

Next: いつ・いくらまで下げる? 6月相場の展望

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー