fbpx

ビットコインを駆逐する?Facebookの仮想通貨「リブラ」が持つ“信用”という武器=高梨彰

米フェイスブックは6月18日、2020年より仮想通貨「Libra(リブラ)」を使った金融サービスを開始すると発表しました。このリブラは、ビットコインなど他の仮想通貨を駆逐する可能性をも秘めています。(『高梨彰『しん・古今東西』高梨彰)

※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2019年6月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:高梨彰(たかなし あきら)
日本証券アナリスト協会検定会員。埼玉県立浦和高校・慶応義塾大学経済学部卒業。証券・銀行にて、米国債をはじめ債券・為替トレーディングに従事。投資顧問会社では、ファンドマネージャーとして外債を中心に年金・投信運用を担当。現在は大手銀行グループにて、チーフストラテジスト、ALMにおける経済・金融市場見通し並びに運用戦略立案を担当。講演・セミナー講師多数。

マネロンにも使われる?新たな仮想通貨というより「新たな通貨」

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」とは?

新たな仮想通貨(暗号資産:cryptocurrency)「リブラ(libra)」の概要が公表されました。

これ、「バッタもの」感を消すことに腐心していて、興味深いです。誰もが一度は中身を見ておくべきです。

ということで、概要はこちらからご覧ください。このリンクは日本語版です。サイトの「ホワイトペーパー」が概要そのものです。

この「リブラ協会」なるサイト、色んな言語で観ることが可能です。英・仏・中はもちろん、ドイツ語・ロシア語・スペイン語・ポルトガル語、そして何故かインドネシア語版が選べます。日本の新聞報道は、このサイトにある日本語版をほぼコピペしたものです。

ビットコインとは違って「価値の裏付け」がある

ビットコインとの大きな違いは「価値の裏付けがある」という点でしょうか。

潔いくらい、各国の信用力をパクっています。リブラの価値は「安定性と信頼性のある中央銀行が発行する通貨での銀行預金や短期国債など、価格変動率の低い資産の集合体により裏付け」られている、とのことです。

詳細は見つからなかったのですが、ドルやユーロ、円などの通貨や短期国債利回り(価格)を「がっちゃんこ」して「バスケット価格」を作り、それをリブラのレートとする、そんな感じです。

IMFのSDR(Special Drawing Rights:特別引出権)や、複数通貨の為替レート貿易の比率で合わせた「実効為替レート」などと、「がっちゃんこ」の仕方は一緒です。

リブラは、米国債等の信用力を丸ごと借りたデジタル通貨とも言えそうです。

Next: リブラは世界中で使われる?それともマイナーコインのまま終わる?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい