fbpx

米大統領選 極右トランプと社会主義者サンダースが示す“アメリカの歪み”

「極端な左寄り」バーニー・サンダース氏を後押しするアメリカの格差問題

一方、民主党候補者指名争いですが、かつてのアメリカでは絶対にあり得なかった社会主義者が堂々と思想を述べ支持を集めています。それだけアメリカ社会は格差問題が根強いのでしょう。

特に多くの若者が、サンダース氏を支持しています。公立大学授業料無償化が支持されているのでしょう。

アメリカの大学授業料は、年々高騰を続けていることが問題とされています。学生は在学中に学費ローンで350~400万円もの借金を背負い、社会人になってその返済に追われています。家を買うどころの話ではないですね。

高学歴の低所得者…このような言葉が飛び交っています。中国も同じ現象ですよね。最も中国の高学歴者は職がないことによる貧困、アメリカは借金を抱えることによる貧困という構図です。

日本とは文化が異なる選挙戦

ヒラリー・クリントン氏は、アフリカ系やヒスパニア系の支持を得ています。

貧困問題を彼ら特有の差別問題と捉えていて、サンダース氏は社会主義なので、肌の色は関係ない皆平等という思想から、サンダース氏ではなくクリントン氏を支持する理由のようです。

複雑ですね。民主党もまだまだ混戦が続きそうです。

アメリカ人は、献金は表現の手段のひとつ、選挙は大切な意思表示の場と捉えているようです。投票率も高くはないことがありますが、それは予備選で支持候補者が落選したら選挙に行かないという行動が原因です。

はっきりとしていますね。選挙に関しては、日本とはちょっと文化が違うようです。

【関連】中国が恐れる指導者、ヒラリー・クリントン大統領は誕生しないかもしれない

1 2

らぽーる・マガジン』(2016年2月22日号)より一部抜粋
※タイトル、本文見出し、太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

らぽーる・マガジン

[月額330円(税込) 毎週月曜日]
投資を始めたばかりの人、これから投資を始める人に向けての情報誌です。ある程度投資を経験している人にも、今後の投資判断の材料としていただく情報を書いています。今足元で起きている出来事を、報道情報を深く読み解き、また、実際に投資を行っている人からの現場の情報をもとに、分かりやすく解説していきます。投資が「わかりやすい」情報誌です。「らぽーる」は、臨床心理用語で、クライアントとの「架け橋」を意味します。情報を通じて皆様との架け橋が「らぽーる・マガジン」です。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい