fbpx

30代後半の看護師女性が悩む、自分より年収の低い相手との結婚を視野に入れるべきか?=山本昌義

今回は30代後半の独身女性から、「自分より年収の低い男性との結婚って、どう思いますか?」という相談がありました。このお悩みについて解説していきます。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

年収の低い男性とでも結婚したほうが得?

相手の年収に関わらず結婚したら生活水準は下げなければならない

今回は30代後半の独身女性から、結婚についてお話を頂きました。

自分より年収の低い男性との結婚って、どう思いますか?」

当人は看護師で年収は500万円少々。婚活で出会う男性の多くは自分より年収が低く逆に自分より高い男性からは中々相手にされずどうしたらいいか途方に暮れていたそうです。

年収が高めな女性なら、一度は悩む点ですね。最終的な決断はあなた次第ですが少しでも判断材料を提供したいと思います!

今回は、相応に年収が高い女性の婚活について少し現実的な考え方をお伝えします。

さて、まずは基本ですが『年収を問わず結婚した方が得なことが多い』やはり、この点への理解が最初に必要でしょう。

女性として男性に高い年収を求めるのは自然です。しかし難しい以上、見切ることも必要といえます。粘るほどに年齢も重なりますし、尚更です。

また自分より年収の高い男性を求めるのは「結婚して生活水準を下げたくない」という結婚で経済的な損をしたくない理由が多いといえます。

でも、少しくらい年収が低い男性が相手でも結婚したら家賃や光熱費を折半できるわけです。共働きである限り、むしろ得なことも多いといえます。これは男女が逆でも通じる理屈です。

それに、お相手の年収に関わらず結婚したら生活水準を下げなければなりません。教育費や老後資金などで多額の貯金が必要ですからね。ずっと独身なら、自己責任なので自由ですが…。

むしろ多くの方は、結婚を通して貯金の必要性を感じ無計画だったお金の使い方が矯正されていきます。

あなたは今まで、どれだけ貯金を意識してきましたか?単純な生活レベルより「総合的な損得」でまずは冷静に結婚を考えていきましょう。

今回はちょっと短めに…。

自分より年収の低い男性…。今までは対象外としか見ていなかったなら、今は戸惑いが強いかもしれませんね。

しかしそれでも、損得で考えるなら余計に共働きを前提に結婚したほうが得です。

結婚するなら、残された時間は少ないので改めて婚活に励んでいきましょう!

なお、結婚の損得を具体的に計算したい方は私でよろしければ、いつでもご相談下さいませ。

image by:metamorworks / Shutterstock.com

【関連】どうしても女性と仲良くできない…年収500万円の40代前半の男性が考えるべきこととは?=山本昌義

【関連】コンビニなら「楽天ペイ」一択? 消費増税後のキャッシュレス還元で勝ち組になる方法=岩田昭男

【関連】1,000万円を3万倍に…ZOZO前澤前社長の事業家だけでなく、投資家としてもすばらしい強運=街

婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』(2019年9月27日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~

[無料 週刊]
婚活中の方、ご成婚された方 こんにちは。婚活FP山本と申します。 昨今は空前の婚活ブーム! …引いては婚活が厳しい時代です。 ご結婚に至っても、3組に1組は離婚する時代。 大変な時代ですね。 ここでは、私が実際にお受けした相談内容を元に 男女の心理差や経済的な側面を主として なぜダメなのか?どうすれば良かったか?を分析し 実例として、皆様にお届けさせて頂きます。 なお、私は「現実的な結婚」を支援しています。 そして、実例は男女の本音が登場します。 このため、皆様の夢を打ち砕く内容も多いかと思いますが ご容赦の上でお読み頂き、ご活用下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい