fbpx

注目の大型IPOフリーをはじめ、今年は55社中15社が赤字上場している背景とは?=柴山政行

個人事業主や中小企業向けにクラウド会計ソフトを提供するフリーが、17日に上場を果たしました。ここをはじめ、赤字上場が年々増えているのはなぜでしょうか。(『時事問題で楽しくマスター!使える会計知識』柴山政行)

会計ソフトのフリーが上場、赤字上場でも高評価

2020年6月期の最終赤字は、3,135百万円に上る予想

2019年12月17日の日経朝刊3面で、個人事業主や中小企業向けにクラウド会計ソフトを提供するフリーが、17日に東証マザーズへの上場を果たしました。
※参考:会計ソフトのフリー17日上場、赤字上場への評価占う‐日本経済新聞(2019年12月16日公開)

上場時の株式時価総額は900億円を超えます。いま、ヤフーファイナンスを見たら、終値で2,700円(※編集注:12月17日)、時価総額は1,259億円となっていました。

明日以降の値動きが注目されるところですね。ちなみに、フリーのIR情報ではどのように発表されているでしょうか。

freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔)は、2019年12月17日をもちまして、東京証券取引所マザーズへ新規上場いたしました。

ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援、ご高配に心より御礼申し上げます。

当社は、「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げ、スモールビジネスこそ、クラウドやデータやAIといったテクノロジーを活用することで圧倒的に強くスマートになることができると考え、上記のミッションの下、「アイデアやパッションやスキルがあればだれでも、ビジネスを強くスマートに育てられるプラットフォーム」をつくるというビジョンの実現に向け、革新的なサービスを提供し続けてまいります。

詳細につきましては、日本取引所グループのウェブサイト「新規上場会社情報」をご参照ください。

出典:東京証券取引所マザーズへの上場のお知らせ

フリーは、私たち会計人の間では、わりと親しみのある会社です。まわりで利用している税理士先生もけっこういらっしゃいますしね~。

ただ、最近の急な値上げについては異論があって、どうなのかな?という見方がされています。

さっそくフリーの直近における決算書を見てみました。

<2019年7月~2019年9月(2020年6月期第一四半期)>

売上高1,491百万円
営業利益△486百万円
経常利益△488百万円
純利益 △490百万円

総資産6,811百万円
純資産4,111百万円

自己資本比率54.3%

<2019年7月~2020年6月(2020年6月期)の連結業績予測>

売上高6,941百万円
営業利益△2,876百万円
経常利益△3,127百万円
純利益 △3,135百万円

Next: 営業赤字で上場する企業は年々増加、その理由とは?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー