fbpx

11月の消費者物価指数は前年同月比でプラス0.5%、2%プラスまでにはかなりの距離=久保田博幸

総務省が発表した11月の全国の消費者物価指数は、総合で前年同月比プラス0.5%、日銀の物価目標ともなっている生鮮食品を除く総合は同プラス0.5%となった。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

11月の全国の消費者物価指数は前年比ではプラス幅が拡大

消費税率の引き上げや幼児教育・保育引き上げの影響大きく

12月22日に総務省が発表した11月の全国の消費者物価指数は、総合で前年同月比プラス0.5%、日銀の物価目標ともなっている生鮮食品を除く総合は同プラス0.5%、生鮮食品及びエネルギーを除く総合は同プラス0.8%となった。

10月に消費税率が引き上げられた影響で、外食や、普通運賃などの交通の価格が上昇した。また、火災・地震保険料の引き上げなども影響していた模様。消費税率引き上げの経過措置が取られていた水道料金や電気料金が上昇した影響もあったようである。

10月は総合でプラス0.2%、コアでプラス0.4%、コアコアでプラス0.7%となっていたことから、それぞれ前年比ではプラス幅が拡大した。

10月からは消費増税がスタートしている。コア指数で消費税率引き上げなどの影響を差し引くと10月分は前年同月比でプラス0.2%となり、2017年3月以来2年7か月ぶりの低い水準となっていた。

10月分の発表の際、総務省は消費税率引上げ及び幼児教育・保育無償化の影響(参考値)も公表していた。消費税引き上げと幼児教育・保育無償化により、コア指数は0.2%ほど引き上げられているという試算となっていた。

※参考:消費税率引上げ及び幼児教育・保育無償化の影響(参考値)

このため今回の11月の数字もこの消費税率引上げ及び幼児教育・保育無償化の影響を差し引いたもので比較する必要はある。

エネルギー価格の影響としては、電気代などの下落幅が縮小し、これも指数の拡大要因となっていた。

原油価格は昨年10月以降は上昇基調となっていることで、この基調が継続すれば消費者物価指数は底堅い動きとなることが予想される。

それでもコア指数で消費税引き上げと幼児教育・保育無償化の影響を除いたものが、前年比でプラス2%にはかなりの距離があることも事実となろう。


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】業績が成長しているのに株が売られるのはなぜ?株価を動かす「収益モメンタム」の正体=山本潤

【関連】IPO相場の終わりとともに、新年相場入り。ここから株式市場は新たな展開へ=國澤晃

【関連】上値追いは難しい?ファンダメンタルズの低下を受けてリスクオンへ近づく株式相場=日暮昭

image by : Syda Productions / Shutterstock.com

牛さん熊さんの本日の債券』2019年12月26日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,100円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー