fbpx

粗末な後払い決済「Paidy」で詐欺横行。メルカリ利用者に二重請求の被害続出

後払い決済サービス「Paidy(ペイディー)」を悪用し、メルカリなどのフリマサイトで購入者が支払った商品代金を騙し取る詐欺が多数報告されている。

被害者から見た詐欺の流れはこうだ。まず、被害者(メルカリユーザー)がメルカリで商品を購入する。商品が届き、メルカリを通じて商品代金を支払う。しかし翌月、Paidyから支払い請求が来る。つまりユーザーがメルカリとPaidyから二重に請求を受けることになる。

詐欺を働いた側が、実際には商品が手元にないままECサイト等の画像を転用して出品し、売れたらPaidyの後払い決済を利用して通販サイトで商品を購入。発送先に被害者の住所を入力し、自分の手を介すことなく送っているのだ。被害者は商品受け取り後メルカリを通じて支払いを済ませるが、Paidyで購入された商品の代金は「後払い」になっているためまだ支払われていないことになる。

問題はここからだ。Paidyでは、決済後に入金が確認されず、アカウントに連絡しても支払いがない場合、商品を受け取った人に支払い義務が発生することになっている。

Next: なぜPaidy悪用は可能なのか?利便性と隣り合わせの危険性

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー