fbpx

「現金はゴミだ、タンス預金はやめろ」ヘッジファンドの大親分レイ・ダリオが日本人に警告

「現金はゴミだ」。世界最大級のヘッジファンド・ブリッジウォーターアソシエイト創設者のレイ・ダリオ氏のこの発言が英語圏でかなり話題になっています。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

【関連】大塚家具「父娘共倒れ」の可能性? お家騒動から早5年、両社とも経営危機へ=山岡俊介

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2020年1月29日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

不況突入はもう少し先? 現金だけに固執するとすべてを失う…

ダリオ氏の発言で市場に波紋

知る人ぞ知る、世界トップ・クラスのヘッジファンド「ブリッジウォーター アソシエイツ」創設者のレイ・ダリオ氏が、ダボスの世界経済フォーラム(ダボス会議)でCNBC「Squawk Box」のインタビューで語ったことが英語圏でかなり話題になっています。

今回は現地報道とインタビュー動画を翻訳しながら、ダリオ氏の発言内容について解説します。

「2020年は下手に動かずに傍観者で居るのが良いだろう」

「現金はゴミだ」

「皆が多額の現金をタンス預金で持っている」

「皆がチャンスを逃したので、誰もが何とか食い込みたいと望んでいる」

「株式市場は溶けるはずで、現金ではなく、資産分散が必要だ。というのは、世界中の中央銀行が紙幣の発行を増やしているからだ」

「何千年もの間、価値を内在する金貨(それを掘り出すのにそれだけのコストのかかるもの)が準備資産だった。それを、中央銀行というシステムを創って、信用を担保にして、価値は内在されていない紙幣を準備資産に置いたのだ」

出典:Ray Dalio at Davos: ‘Cash is trash,’ as everybody wants in on the 2020 market(2020年1月21日配信)

不況突入はもう少し先?

2020年が不況突入の年になるのか?と質問されたダリオ氏は、「世界中の中央銀行は、坂道で量的緩和という缶蹴りをしている」と返答した。

「(不況突入は)次の大統領の任期中になる可能性がある。効果的な金融政策はもう無いので、人々がお互いに首を絞める、というような社会情勢になるのではないかと恐れている」

「今の間に現金を手放して、多極分散投資をすべきだ」

「資産バランスを取る事が必要で、或る程度のゴールドを保有すべき。」と述べた。
2019年にも同じように「これからの時代は貴金属をトップに置くべき」と述べている。

出典:Ray Dalio at Davos: ‘Cash is trash,’ as everybody wants in on the 2020 market(2020年1月21日配信)

Next: タンス預金をしてる場合か?仮想通貨もボロクソにこき下ろすダリオ氏の警告

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー