fbpx

シャープ、個人向けマスクを販売開始。「高いけど、決してぼったくりでは…」“中の人”弁明

大手電機メーカーのシャープが4月21日午前10 時から自社ECサイト「SHARP COCORO LIFE」で、個人向けにマスクの販売を開始するとコーポレートサイトなどを通じて発表した。

シャープは政府からの要望を受け、三重工場のクリーンルームにおいてマスクの生産を行うことを2月28日に決定。3月31日から政府向けに納入を行っていたが、ようやく個人向けの販売をスタートさせる。

【関連記事】
SHARPの新製品は「マスク」。初の“電気を使わない製品”も「めちゃくちゃ格好いい」と評判

販売価格は1箱50枚入りで2980円(税抜・送料別)。在庫の状況に応じて、一定期間に購入できる数量は1人あたり1箱限り、現時点では購入日含め3日間は再購入できないとしている。

シャープの公式アカウントでは、“中の人”がマスクの販売開始を伝えるとともに、「ちょっとお高い点もすみません」「決してぼったくるための値段ではないことは、申し添えておきます」と投稿。消費税・送料(660円)を含めると1枚あたり78.76円のマスクの価格について言及したほか、「5/10までは毎日10時ごろマスク在庫を補充します」と販売情報を付け加えた。

これに対しネットからは「シャープさんスゴい ありがとうございます 必要な方に行き渡りますように」「価格に関しては安心できるシャープさんのものなので高いとは思いません!むしろ一般向けにも販売してくれて有り難いと思っています」「去年から考えると高めですが、材料費の高騰と需要の関係で、中国製でもこれくらいします。日本製でこの価格は良心的です。シャープさんありがとうございます」と感謝の声が相次いでいる。

シャープのコーポレートサイトにも記載があるが、マスクの転売は法律で禁止されており、違反した場合には1年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられる。シャープのマスクが転売ヤーの餌食になることなく、必要な人に行き届くことを願いたい。

Next: 「ちょっと高いけど、妥当な金額」ネットの反応

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー