fbpx

WTOとトランプの喧嘩で大儲け?米の対中関税「不当」判断にGAFAMは笑いが止まらぬ訳=高梨彰

国際協調が崩れるとNASDAQが輝く

そう考えると、安倍政権が行ってきたTPP推進や経済面での国際協調路線は、意外とIT大手企業にも警戒すべき存在だったのかもしれません。

てことで、WTOのゴタツキが取り上げられるほど、IT大手には助かる話、転じてNASDAQ総合指数も上がりやすい、そんな示唆が得られます。

NASDAQ 日足(SBI証券提供)

NASDAQ 日足(SBI証券提供)

今回のまとめ

・WTO、米国の対中関税を「不当」と
・国際協調への期待が薄れる程、IT大手には規制の網も掛け難く好都合かと

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 9月配信済みバックナンバー>

※2020年9月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年9月配信分
  • WTOの揉め事とIT大手の隆盛(9/16)
  • 期待も不安も大きい、菅新総裁の「改革」(9/15)
  • ツール・ド・フランス、緊張の休息日(9/14)
  • 「Go To トラベル」、便乗値上げはあっても(9/11)
  • 製薬会社の声明、セールス活動一巡の証か(9/10)
  • 八合目から乗った人も多そうです(9/9)
  • ユーロ高の中を走り抜けない真っ赤なフェラーリ(9/8)
  • 日米株価比較が示す、安倍政権の「アメリカと一緒」(9/7)
  • 地銀再編、つまりは47都道府県再編…(9/4)
  • 「顔」(9/3)
  • 米製造業、世が世なら利「上」げを連想させる水準(9/2)
  • 総裁選も既に終わった雰囲気でして(9/1)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2020年9月16日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】孫正義のご乱心。もはやソフトバンクGの株を買うのは博打と同じだ=栫井俊介

【関連】なぜ富裕層は貯金が少ないのか? 凡人こそ「成金」から稼ぎ方を盗め=午堂登紀雄

【関連】コーナン、コメリ、DCM…コロナ特需で割安のホムセン株は本当に買いか?=栫井駿介

image by:Evan El-Amin / Shutterstock.com
1 2

高梨彰『しん・古今東西』』(2020年9月16日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

高梨彰『しん・古今東西』

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
チーフストラテジストとして、年200回ほど発行していたメルマガ『古今東西』が、『しん・古今東西』としてここにリニューアル。株・債券・為替などの金融市場全般から、マクロ経済、市場心理など、「これ何?」なことを徒然なるままにお伝えします。四方山話も合わせ気軽に読めて、しかも相場を「自分で判断出来る」ようになるメルマガです。是非一度お試し下さい。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー