fbpx

みずほ週休3~4日導入は罠か?「実質リストラ」「仕事は減らん」など懐疑の声

みずほ銀行などを擁するみずほフィナンシャルグループが、今後社員が希望すれば週休3日や4日といった働き方を認める方針を決めたことが報じられた。

報道によると、対象はグループ傘下の銀行や信託銀行、それに証券など6社の正社員およそ4万5000人。組合側との協議がまとまれば、今年12月から導入する計画だという。

週休3日以上の本格導入は、メガバンクを持つ大手金融グループではみずほが初めて。ただし、基本給は週休3日の場合は従来の80%程度、週休4日の場合は60%程度になるとのことである。

基本給減額に「体のいいリストラか」の声

この報道を受けて、ネット上では賛否の議論が大いに盛り上がる結果に。まず賛成派だが、単純に「羨ましい」といったものから「日本人は働きすぎ」という意見も。また、このコロナ渦で自宅等でのリモート勤務に切り替わって久しい人たちからは、「もう今までのような通常勤務に適応できる気がしない」といった声もあった。

それに対し、休みの日数に応じて基本給が減額されることについては、「それじゃぁ、ただの給与削減じゃん」といった声が多くあがっている。

確かにみずほといえばここ数年、10年スパンで1万9000人もの人員削減を進めているところ。さらに2019年には現役行員の年金一律減額する方針を固め、同時期には社員の副業を同業他社に先駆けて解禁している。このような流れで考えると、今回の週休3~4日を認める動きも「リストラの布石か?」と捉えられても仕方のないところだ。

ネット上では、みずほによる今回の週休3~4日の導入が、体のいい給与カットの先例となってしまい、それを目当てにして後に続く経営者が出てしまうのではないかと危惧する声も多く寄せられていた。

週休3日を選ぶと出世コースから外れる?

ネット上では、もしも週休3~4日が導入された場合に、実際のところどういったことが起きるかという予測でも盛り上がっているが、その見通しは全体的に暗めのトーンだ。

まず心配されているのが、休みが増えても仕事量はそのままなのでは、という点だ。みずほもそうだが、人員削減を推し進める流れのなかで、一人当たりの仕事量が増える傾向にある昨今。もし週休3日となっても、以前と変わらない仕事量をこなすことを求められる可能性は十分ありえそうだ。そのうえ、個々人の効率化によってそれがこなすことができたとしても、給与はしっかり抑えられるわけで、それはそれでかなり理不尽な話である。

また、これはあくまで憶測の域を出ない話ではあるが、週休3~4日を選択した社員は人事考査も下がり、出世ルートからも外されるのではと危惧する声も多く見られた。

さらにそのいっぽうで、この週休3~4日の導入によって、優秀な社員とそうでない社員とが2分化されるのではという意見もある。

ただこうなると、仕事を効率よくこなせる優秀な社員は、週休3~4日を選択して副業・兼業に励み、そちらのウェイトが大きくなっていけば、給与を低く抑えられている本業からは離れていく流れに。いっぽう会社には、仕事の処理能力が低く以前のままの週休2日で働き続ける社員しか残らない……そんな顛末も大いに考えられる。

コロナ渦の状況における働き方の見直しを純粋に考えたものなのか、それとも体のいいリストラ策なのか。みずほの本音は窺い知れないが、もし後者の思惑で安易に実施するものであれば、後に手痛いしっぺがえしを食うことになりそうだ。

Next: 「週休2日が基本給1.2倍、3日が等倍」なら…

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー