fbpx

“借金大国”韓国が危ない。家計債務が急増「借りたカネで投資」の末路

韓国の家計債務が急増、国家予算の3.5倍にまで膨らんでいる。国民は借金をしてまで投資に走っており、バブルが弾ければ悲惨な状況になることは自明だ。そしてその時は刻一刻と近づいている。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

【関連】安倍辞任にぬか喜びの韓国が「日本への非礼」と反日を反省しだしたワケ=勝又壽良

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2020年10月12日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

家計債務は1,637兆ウォン、国家予算の約3.5倍まで膨らんでいる

今回のメルマガは、韓国経済における最大の不安要素であり、増え続ける「家計債務」の最新情報を紹介していく。まずは概要から見ていこう。

これは9月のニュースになるのだが、国際決済銀行(BIS)と国際金融協会(IIF)が「国内総生産(GDP)に対する家計負債比率」を分析した結果、韓国は今年第1四半期で「97.9%」となった。

調査委対象国は44カ国で、その順位は6位である。韓国より高い国がまだ上に5つもあるのか?と思うかもしれないが、それらは北欧3カ国・カナダ・スイスといった比較が難しい国であって、これでも世界最高水準である。

主要国と比べると、米国は(75.6%)・日本は(57.2%)・中国(58.8%)などとなっており、アジアでは韓国が断トツに高い。

今年4~6月期末の韓国の家計債務は、最新の情報だと1,637兆ウォン(約150兆円)となっている。これがどれだけ凄まじい金額なのか、皆さんはおわかりだろうか。

韓国の今年の国家予算は、481兆8,000億ウォンである。実際はコロナ禍でこれ以上の財政出動をしているが、それを足しても、家計債務には到底及ばないのだ。

つまり、今年の国家予算なら、だいたい3.5倍分ぐらいが家計債務の規模となっている。

借金してまで不動産・ビットコイン・株を買い漁る

家計債務が増える理由は主に不動産投資である。韓国では不動産投資は主婦でも利用する財テクとなっている。そして、朴槿恵前政権頃から、不動産価格は急上昇しており、文在寅大統領政権では、なんとソウルの地価がパリなどを抜いて世界一となった。

明らかに不動産バブルなわけだが、これを抑えようと文在寅大統領は何度も不動産への規制を強めてきた。すると、今度は不動産投資から株式投資に注目が集まった。

実際、仮想通貨である「ビットコイン」が高かった当時、こぞって韓国の若者がビットコインを購入していた。しかも、借金だ。

そして、今度はコロナ禍で大幅に下がった優良企業の株を購入して支えていく。これが「東学アリ」と呼ばれる者たちだ。

つまり、KOSPIが現在の高い数値にあるのは、借金してまで株を購入する多数の個人投資家がいるためだ。

KOSPI指数 日足(SBI証券提供)

KOSPI指数 日足(SBI証券提供)

だが、借金すれば債務は増える。しかも、経済危機+コロナ禍である。家計債務の増加は必然だった。

Next: 企業債務・政府債務も急増中。韓国経済に危機が迫っている

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー