トランプの北朝鮮攻撃プランは「安倍政権崩壊」を前提としている(前編)=高島康司

アメリカの北朝鮮攻撃シナリオと日本における安倍政権の森友学園スキャンダルは、連動している可能性がある。もし4月から5月頃にかけて安倍首相が辞任するなら、アメリカによる北朝鮮攻撃も想定しなくてはならないかもしれない。(『未来を見る!ヤスの備忘録連動メルマガ』高島康司)

※本記事は、未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ 2017年3月31日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。次回の後編も配信され次第すぐ読めます。

森友学園疑惑は米国が仕掛けた?北朝鮮攻撃の前に何が起こるか

常識的には「実際の攻撃はない」が――

メルマガ第422回の記事では、アメリカによる北朝鮮の攻撃はすぐにはないだろうとした。それというのも、北朝鮮の脅威は、東アジアに米軍を駐留させるための都合のよい口実であるし、また中国にとっても親米の韓国による朝鮮半島の統一を回避し、米軍基地のある韓国から中国を守る緩衝地帯として機能しており都合がよいからだ。

北朝鮮は、そのときどきの米中の都合によって脅威が調整できる便利な国である。この利便性がある限り、北朝鮮の存続は許され、攻撃はないと見たほうがよい。したがって、いまの北朝鮮の脅威は、アメリカがTHAAD迎撃ミサイルの配備を中国に容認させるための口実であり、また、いま国防省が進めている軍需産業再編計画の口実でもあるので、当面の間は実際の攻撃はない、とした。

ティラーソン国務長官の発言でにわかに高まる攻撃の可能性

しかし他方、アメリカの歴代政権は、北朝鮮攻撃の現実的なシナリオも作成しているのは間違いない。これが実行されるのは、北朝鮮という国の脅威が臨界点を超え、アメリカに与える利益よりも脅威のほうが大きくなるか、または米軍の東アジア駐留の口実として北朝鮮の脅威が必要なくなるか、どちらかの場合である。

そのためアメリカは、どのような状況にも臨機応変に対応できるように、キム・ジョンウン(金正恩)体制の崩壊を狙った攻撃計画を持っている。

北朝鮮の分析者の間では、いまも当面は北朝鮮攻撃はないとする見方が強いものの、状況次第では攻撃もあり得るとの意見が多くなっている。それというのも、日中韓の3カ国を訪問し、北朝鮮情勢を話し合ったティラーソン国務長官が、対北朝鮮政策の根本的な転換を示唆する、以下のようなニュアンスに富んだ発言をしているからだ。

・米国は外交、その他の努力を20年間やってきた。北朝鮮の非核化を求めてきたが、失敗した。新たなアプローチが必要なのは明らかだ。

北朝鮮の核は差し迫った脅威であるため、(北朝鮮の核)状況の展開によって米国は韓国と日本の核武装の容認を考慮しなければならないかもしれない。

・外交的、安保的、経済的なあらゆる対北朝鮮オプションを検討することもできる。

・北朝鮮が核実験を継続し核兵器と運搬システム開発を継続するならば、われわれは「誰も望まない所」へ進むだろう。

・最近の北朝鮮の行動を見ると(北朝鮮の威嚇は)バブルが弾ける直前。(対北朝鮮対応の)第1段階オプションは北朝鮮に対し非常に強力な制裁メッセージを伝えることであり、(その次に)北朝鮮政権に追加的圧力を強化すること。

・米国政府は韓国とそこに駐留している米軍が脅かされる場合、北朝鮮に対する軍事行動の可能性を除外しない

これらの発言を見ると、米政府の過去20年間の北朝鮮政策は完全に失敗だったとしながら、当面は北朝鮮への圧力と制裁の強化で対応するも、もし米軍と韓国軍に脅威が及ぶならば攻撃も辞さないという態度であることが分かる。

つまり、北朝鮮からの脅威の高まりが、アメリカが北朝鮮から受けている利益を上回りつつあるという認識だ。

トランプ政権が、キム・ジョンウンの北朝鮮は日米韓3カ国の本格的な脅威であると認識したのならば、以前から準備している北朝鮮攻撃計画を実行する可能性も現実味を帯びてくる。

「作戦計画(OPLAN)5015」とストラトフォーの報告書

内外の情報を総合すると、米政府はすでに北朝鮮攻撃計画をオバマ政権のときに準備していたことが明らかになっている。これは「作戦計画(OPLAN)5015」と呼ばれる先制攻撃の作戦で、2015年6月に作戦計画として正式に採用された。

内容は、キム・ジョンウンの排除とともに、米韓連合軍が核関連軍事施設など700カ所をピンポイント攻撃するというものだ。

この作戦は、先制攻撃という意味で、北朝鮮からの攻撃に対する報復にポイントをおいた従来の「作戦計画5027」よりも一歩進んでいる。また3月28日に終了した史上最大規模の米韓合同軍事演習「フォール・イーグル」は、この「作戦計画5015」に基づいた演習である。

一方、北朝鮮は、これに「7日戦争作戦計画」で対抗している。これは、韓国に奇襲先制攻撃を加え、全面戦争に拡大させ、核・ミサイル等大量破壊兵器で韓国を総攻撃する。さらに同時に戦車部隊、特殊部隊を投入し、米軍が日本やグアム、あるいは米本土から援軍や装備、物資を送り込む前に韓国を占領するという電撃作戦だ。

Next: 北朝鮮攻撃プランの全貌、そして金正男暗殺と森友問題の真相とは?

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー