インドで高額紙幣が突然「無効」に。日本でもあり得るのか?=久保田博幸

インドのモディ首相は8日夜のテレビ演説で、高額紙幣の1000ルピー(約1600円)札と500ルピー(約800円)札を演説の約4時間後から無効にすると突然発表した。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

偽造紙幣が蔓延するインド。日本のお札はどこまで安全か

突然、使えなくなった高額紙幣

インドのモディ首相は8日夜のテレビ演説で、高額紙幣の1000ルピー(約1600円)札と500ルピー(約800円)札を演説の約4時間後から無効にすると突然発表した。

手元にあるこれら2種類の紙幣については10日以降、銀行などで新たに発行する2000ルピー札や新しいデザインの500ルピー札に交換するよう指示した。

【関連】トランプ大統領ついに誕生!世界はこの男の「ガチ」に耐えられるのか?=斎藤満

モディ首相はこの理由について、パキスタンを本拠地とし、インド国内でテロ行為を行っている過激派グループが、紙幣を大量に偽造し活動資金に充てているためとした。また市民の間でも、脱税目的の現金決済が行われていると説明したようである。

インドでは現金取引が主流であり、新札との交換期間が来月30日までとされたことや、1度に交換できる金額にも制限があるため、首都ニューデリーでは、急いで小額紙幣に交換しようという人たちがATMに殺到しているそうである(以上、NHK、朝日新聞、時事通信の記事より)

国民の混乱を招いてでも、このような策を講じるほかはなかったものとみられる。その理由が偽造紙幣を駆逐するためというのも興味深い。

安心して使える「日本のお札」

日本では偽造紙幣が大量に出回るような事件はあまり聞かない。カラーコピーによる偽札を使うような事件はあったが、精巧な偽造紙幣が出回ったという記事は見たことがない。それだけ現在の日本の紙幣に使われる印刷技術が高度であるということでもある。このため、偽造紙幣のためにインドのような事態が発生することは考えづらい。

ちなみに日本で紙幣として遣われているのは日本銀行券であり、日銀が発行している。日銀券の製造は「独立行政法人 国立印刷局」が担当しているが、製造された紙幣は日銀がその費用を支払って引き取る。

お札の表面に赤い印章があるが、これは「日銀総裁」の印章で、「総裁之印」と篆書という字体で書かれている。日銀券というお札は安心して使えるように日銀総裁がその価値を保証している格好となっている。

紙幣は簡単に偽造されないように印刷は精巧なものの、本来はただの紙にしか過ぎない。しかし、この紙に印刷された金額の価値を与え紙幣が円滑に使われるようにするための管理をしているのが、日本の中央銀行である「日本銀行」といえる。

銀行などの金融機関は個人や企業への支払いに必要な分を用意するため、日銀の当座預金から引き出すことによって日銀券を日銀の窓口から受け取り、これによって日銀券が世の中に送り出され、お札の発行となる。


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】黒田東彦×宮部みゆき バングラ中銀「巨額不正送金事件」の教訓とは=久保田博幸

【関連】「リーマン・ショック2」を利用して、3年間で億万長者になる方法=東条雅彦

【関連】日銀の新緩和策が「矛盾とデタラメ」に満ちてしまった本当の理由=近藤駿介

牛さん熊さんの本日の債券』2016年11月9日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,080円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー