fbpx

リクルートはGoogleを倒せるか?「仕事探しはIndeed」のCMから分かること=栫井駿介

リクルートの成長性は「PER36倍」を正当化するか?

上場以来、上昇を続けてきたリクルートHDの株価ですが、今でも買いと言えるのでしょうか。

同社のPERは36倍と、東証1部平均の16倍と比較するとかなり割高な水準と言わざるを得ません。この株価を正当化するためには、かなり高い水準の成長を成し遂げる必要があります。

当面の成長を牽引するのはIndeed事業でしょう。世界的な人手不足もあり、求人がなくなるのは考えにくいことです。Googleや他の競合相手との競争に打ち勝ち圧倒的なシェアを取れるようなら、現在10%程度にすぎないグループ全体への利益貢献度が大きく上昇し、同社の利益体質が様変わりする可能性があります。

国内のメディア事業から生み出される多額のキャッシュを海外買収に振り向けることで成長することも考えられます。Indeedの買収は、現在のところその最大の成功事例と言えます。有利子負債を上回る現金を保有し、買収意欲はまだまだ旺盛です。

一方で、買収には大きなリスクも伴います。株式市場が高騰し、企業を買収するための金額も膨れ上がっています。高い価格で買収を行ってしまうと、数年後に「のれんの減損」という形で多額の損失を計上してしまう可能性もあります。

【関連】低迷フジテレビは誰のせいで「誰も観たくないチャンネル」になったのか?=栫井駿介

もっとも、財務状況には余裕があり、国内事業は堅調であるためそれだけで窮地に陥る可能性は低いと言えます。致命的でない損失により株価が大幅に値下がりした場合は、バリュー株投資家に取って買いの好機となる可能性があるのです。

IndeedのCMを見たら、泉里香にうっとりするだけではなく、リクルートの成長性にも思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

image by:YouTube

つばめ投資顧問は相場変動に左右されない「バリュー株投資」を提唱しています。バリュー株投資についてはこちらのページをご覧ください。記事に関する質問も受け付けています。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

【関連】「人工知能が第三次大戦を引き起こす」プーチンが恐れるAIの超進化とは?=浜田和幸

【関連】メモリ事業売却という一時しのぎ。東芝の迷走で一番損をするのは誰か?=栫井駿介

【関連】バックは中国共産党。世界最大ゲーム会社「テンセント」の強みと弱みとは=栫井駿介

1 2 3

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2017年11月16日)

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー