fbpx

脱ニュースウォッチャーのススメ。賢明な投資家のための情報収集術(中)=俣野成敏

前回は、情報収集術の基礎編として「とびきりの情報とは人を介してしかやってこない」というお話をしました。大事な情報は人が運んでくる以上、「誰とつながるか?」というのが大きくモノを言います。そこで今回は、情報収集術の応用編をお送りしたいと思います。多くの方が、情報を「仕事・投資に活かしたい」のではないでしょうか。よってビジネスに特化して解説します。(俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編

プロフィール:俣野成敏(またのなるとし)
30歳の時に遭遇したリストラと同時に公募された社内ベンチャー制度で一念発起。年商14億円の企業に育てる。33歳で東証一部上場グループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、さらには40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任する。2012年の独立後は、フランチャイズ2業態6店舗のビジネスオーナーや投資活動の傍ら、マネープランの実現にコミットしたマネースクールを共催。自らの経験を書にした『プロフェッショナルサラリーマン』及び『一流の人はなぜそこまで、◯◯にこだわるのか?』のシリーズが、それぞれ12万部を超えるベストセラーとなる。近著では、『トップ1%の人だけが知っている』(日本経済新聞出版社)のシリーズが10万部超えに。著作累計は44万部。ビジネス誌の掲載実績多数。『MONEY VOICE』『リクナビNEXTジャーナル』等のオンラインメディアにも数多く寄稿。『まぐまぐ大賞(MONEY VOICE賞)』を3年連続で受賞している。

※本記事は有料メルマガ『俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編』2017年11月16日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

日経新聞を読むよりも大切なこと。情報収集とその活用術(応用編)

情報操作は私たちの身近で日々、起きている

総務省の「平成27年版情報通信白書」によると、「何かを自発的に調べようとする際、どのような手段をもっとも頻繁に利用するか?」との質問に対して、「インターネットの検索サイト(グーグルやヤフー等)で検索する」との回答が圧倒的多数(約7割)を占めたとの調査結果が出ています。

調査では年代による大きな差は見られず、何かを調べる際の一般的な情報取得手段として、インターネット検索が年代を問わず一般に広く普及していることがわかります。

その一方で、グーグルやヤフーが広告収入で成り立っている企業であることは、紛れもない事実です。つまり彼らはお金をもらって自分たちの表示したい広告を上位に表示することが可能であり、それは検索結果といえども同じことです。

彼らはアルゴリズムによって、自動的に私たちの情報を収集し続けています。私たちが普段、何気なく検索した内容やクリックした広告から、興味から消費行動へ駆り立てようと、次々に似たような広告や記事を表示し続けます。

彼らの影響力は、時の権力者にとっても無視できないものとなっています。中国、イラン、ベトナムなど、ネット規制をしている国は数多くあります。ロシアなどは逆にSNSや検索エンジンを誘導して、アメリカの大統領選に干渉していたという疑惑まで持ち上がっています。
※参考:グーグルもアメリカ大統領選でロシアの情報操作に利用されていた? – ITmedia NEWS(2017年10月10日配信)

このように、情報操作は私たちの周りで日常的に繰り返されています。これらを見るだけでも、いかに「自分の中に基準を持つことが大切」かが、ご理解いただけるのではないでしょうか。

仕事や投資に活きる「本物の情報」はどこにあるか?

さて。前回は、情報収集術の基礎編として「とびきりの情報とは人を介してしかやってこない」というお話をしました。大事な情報は人が運んでくる以上、「誰とつながるか?」というのが大きくモノを言います。

そこで今回は、情報収集術の応用編をお送りしたいと思います。

おそらく、これをお読みの多くの方が、情報収集をしたい真の目的とは「仕事か投資に活かすこと」なのではないでしょうか。よって本号では、ビジネスに特化してお話することにします。投資に関しては、ビジネスでの成功体験が投資にも相乗効果をもたらしてくれるからです。

ビジネスにおける問題を解決できるようになれば、よぶんなキャッシュフローが手に入るし、蓄積されたビジネス知識はあなたをより賢い投資家にしてくれる。

出典:ロバート・キヨサキ『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』

Next: 情報収集とは「世間のニュースを追いかける」ことではない

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい