fbpx

ビットコインを叩きのめせ。G20が仮想通貨を目の敵にする納得の理由=E氏

近い将来「世界的な規制」が入る

仮想通貨は、昨年までは商店街で使われる商品券に毛が生えた存在だったので、大目に見てもらえていただけです。

本質的には通貨としての機能を備えていないし、通貨でなくても実態経済の足を引っ張っています。そして、金融政策に影響を与える規模になってしまった以上、規制が必要かどうかは常識で考えればわかることでしょう。

仮に、今回のG20で議論されなくても、近い将来なんらかの規制が入るでしょう。

もし規制がかからないまま走り続けたら、中央銀行の金融政策は崩壊し、実体経済に深刻な打撃を与える存在になってしまうでしょう。

「出る杭は打て」です。芽を摘むのは今のうちなのです。

image by:railway fx / Shutterstock.com

【関連】森友文書に改ざん疑惑、事実なら国家が2つぐらい吹っ飛ぶレベルの犯罪

【関連】ビットコイン「ガチホ時代の終焉」と計画的急落。株式市場の連鎖崩壊は起こるか?

【関連】日本が壊すビットコインの未来。「Zaif」2つの大事件も序章に過ぎない=今市太郎

1 2 3 4 5

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2018年3月8日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

元ヘッジファンドE氏の投資情報

[無料 ほぼ 週刊]
日本株のファンドマネージャーを20年以上、うち8年はヘッジファンドマネージャーをしてきたE氏による「安定して稼ぐコツ」「相場の見方」「銘柄情報」を伝授していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー