「スーパー玉出」と同時に売却された“危ない病院”とは? 気になる事件の真相=山岡俊介

あの「スーパー玉出」と同時に、“危ない病院”も売却されていた?――大手メディアが報じない真実に迫る『アクセスジャーナル』よりご紹介。

※本記事は有料メルマガ『アクセスジャーナル・メルマガ版』2018年7月30日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:山岡俊介(やまおか しゅんすけ)
1959年生まれ、愛媛県出身。神奈川大学法学部卒。零細編集プロダクションに2年半在籍し、29歳で独立。91年『週刊大衆』の専属記者を務めながら『噂の真相』『財界展望』などを中心に記事執筆。主な著書に『誰も書かなかったアムウェイ』『アムウェイ商法を告発する』(以上、あっぷる出版社)、『銀バエ実録武富士盗聴事件』(創出版)、『福島第一原発潜入記 高濃度汚染現場と作業員の真実』(双葉社)など。

アクセスジャーナルが暴く「スーパー玉出」を巡る不穏な動き

スーパー部門と共に病院も売却していた「スーパー玉出」グループ

7月1日、安売りと派手な看板で知られる「スーパー玉出」(大阪市西成区)が、鶏卵生産大手「イセ食品」(埼玉県鴻巣市)の伊勢彦信会長らが今回の受け皿として設立した「フライフィッシュ」(大阪市北区)に約46億円で売却されたことは大手マスコミ既報の通り。

しかしながら、前田託次氏率いるスーパー玉出グループは様々な事業を展開している中、同時に、“危ない病院”も売却していたことはまったく報じられていないだろう。

スーパー玉出が、大阪・兵庫の庶民の胃袋を格安で充たしていたのが“光”の部分なら、それでもそちらで儲けた資金をさらに膨らますべく病院経営にも参入、しかも、そちらには“病院乗っ取りグループ”など反社会勢力の影も見え隠れする“影”の部分を含むのだから公にしないのは無理もないだろう。

本紙は昨年9月28日、経営不振の3つの医療法人の背後に、スーパー玉出のそもそもは店舗不動産管理などをしていた「ケイ・アイ・クリエイト」(大阪市西成区)が関係していた事実をスッパ抜いている。

同記事では、このケイ・アイ・クリエイトが所有する大阪市旭区新森2丁目のビルに、2つの医療法人のカルテが保管されていたものの、破棄され、大阪市保健所が立ち入り検査をしたことを報じているが、そのビルがこの6月29日、売却されていたのだ(有料メルマガ内では、その不動産謄本を転載)。

そして、関係者によれば、このビルと並行し、同ビル売却先に、医療法人も売られたという――

続きはご購読ください。初月無料です

※続きを読むには、初月無料のお試し購読後、2018年7月のバックナンバーをお求めください。

仮想通貨「wowbit」と「SPINDLE」の共通点――「オウケイウェイヴ」社長にあの松田元氏就任の怪

「オウケイウェイヴ」(3808。セントレックス。東京都渋谷区)は、7月25日から創業者で社長だった兼本謙任氏は会長、そして昨年9月から取締役に就任していた松田元氏が社長となり、2人代表制を敷くと同社HPでIRした。

正直、驚きである。

それはそうだろう。確かに、松田氏が取締役に就任して以降、仮想通貨事業を推進。お陰で株価は暴騰したにはした。

だが、同社が関わった仮想通貨「wowbit」は今年5月15日、上場こそ果たしたものの、販売前、上場時の価格の30倍は行くなんて宣伝をしていたが、横に掲げたチャートのように上昇どころか、ほぼひたすら下落し続け現在18円。上場時から8割以上も下がっている。

こうした状況だから、オウケイウェイヴの株価にしても、上場を果たす直前に8060円にまでなったものの、その後は大幅に下落している。

そこで注目したいのが、「朝日」が7月19日の1面で報じ、火がついた野田聖子総務相の秘書が金融庁担当者に圧力をかけたのではないかとの疑惑報道。

なぜか、名前を伏せているが、こちらの仮想通貨は「SPINDLE」。そして、有名芸能人のGACKTが広告塔を務めていただけでなく、野田総務相とも知人だったことから、なおさら注目を集めている――

続きはご購読ください。初月無料です

※続きを読むには、初月無料のお試し購読後、2018年7月のバックナンバーをお求めください。

Next: 「水産大学校」職員が女生徒に手を出しトラブルに(続)

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい