fbpx

米国中間選挙まであと1か月、過熱するトランプ叩きがもたらす結果は?=今市太郎

米国の中間選挙まで、残り1か月に迫ってきたこの時期。メディアのトランプ叩きが過熱するなか、株価の動きはどこに注目すればいいのでしょうか。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2018年10月10日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

中間選挙まで残り1か月、メディアのトランプ叩きピークが到来

本人だけでなく、指名した人間の過去まで掘り返す徹底ぶり

米国の中間選挙までいよいよ1か月を切りました。就任当初から品行方正とはもっとも遠い存在であるトランプ大統領と、それを執拗に叩くメディアの過熱報道はいよいよピークに差し掛かろうとしています。トランプ宛に送られた不審な郵便物に猛毒のリシンが入っていた話からはじまり、ニューヨークタイムスが追い落としキャンペーンとして始めたトランプの脱税疑惑報道も当然、トランプの信頼性を失墜させる材料として機能しはじめている状況です。

さらに、トランプが指名した最高裁判事候補の性的暴行疑惑では、女性の有権者の支持を大きく落とす結果となりました。トランプ本人の問題のみならず、政権のために指名した人間が起こした過去の問題まで、トランプ政権の命運に影響を与え始めている点が気になるところです。

ここからさらに、メディアによるトランプ叩きの新たなネタが登場してくることも十分に想定されるわけで、残りの一か月もトランプ総叩きキャンペーンが猛威をふるうことなるであろうことは容易に想像できる状況になってきています。

国内の安倍政権の状況と大きく異なるのは、国内メディアが政権の閣僚や安倍氏自身に問題があっても徹底的に反権力報道を行わないのに対し、全米のメディアはアンチトランプ一色でトランプの女性問題がでてきても政権の暴露本が出版しても連日克明に報道して徹底的なトランプ叩きを行っている点です。

国内ならばもう支持率はすべて無くなっているのではないかとさえ思われるこの勢いは、逆にメディア報道に辟易とする市民を生み出してしまっており、逆に大した影響を与えないのではないかという穿った見方さえ登場しているようです。

事前の調査ではわからない、隠れトランプ支持派の存在

全米ではいくつかの報道機関が事前の支持率調査を行っており、どうやら下院は民主党の手に渡るのではないかといった見方が強まっています。しかし、その一方で大統領選挙実施時にも問題になった、隠れトランプ支持派の読み切れない票が市場に渦巻いている点には、かなり注意が必要になってきているようです。

たとえばウォール街はもともと民主党支持ということで、大手の金融機関も民主党支持で資金の寄付などを行ってきています。しかし、トランプ就任からここまで米国でもっとも利益を享受できたのは実はウォール街ではないかという指摘もあり、表立っては口にしなくてもトランプ支持という市場関係者は意外に多いという見方がかなり強い状況です。

こうした隠れトランプ派は随所に存在するともされており、最後の蓋を開いてみないとどうも本当の結果は判断できない可能性が高まっていると言えます。ビッグデータがここまで普及しているのに、人のインタンジブルな判断部分が把握できないとはなんとも皮肉な話ですが、今回の中間選挙でもやはりそうした部分が大きく残されているようです。

Next: メディアの猛攻撃に対抗?トランプの荒唐無稽な発言が増加

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい