fbpx

家を買うなら東京五輪・消費増税の前?それとも後? 年齢別ベストな選択とは=姫野秀喜

年齢だけはどうにもならない

自分の努力ではどうにもならない要因。それは、本人の年齢です。

給与の額は、転職したり資格をとったりすれば上がるかもしれません。貯金額も、がんばれば増やせると思います。家族の理解を得ることや、金融機関との信頼関係は、時間をかければ改善できるでしょう。

しかし、年齢は違います

なぜ年齢が大切なのか、それは融資期間が年齢によって変わるからです。

買うべきか、待つべきか。それはあなたの年齢次第

キャッシュフローを出すためには長い融資期間の方が有利というのは、投資家であれば一度は耳にしたことがあるでしょう。

その融資期間は金融機関にもよりますが、おおよそ「70歳−年齢」で決まります。

つまり、35歳の人であれば「70−35=35」となり、最長の35年の融資を引くことができますが、45歳だと「70−45=25」となり、25年しか融資期間をとれないのです。

こちらが「オリンピック前は不動産が高いので買うのは待った方がよいのか」の答えが人により異なる理由です。

年齢別の不動産購入アクション

そのため私は、相手によって異なる内容でお答えしております。例えば、下記のような内容です。

<20代への回答>

「数年は不動産の勉強と貯金を行い、オリンピック後に購入した方がよいでしょう」

<30代への回答>

「貯金があるなら今すぐ不動産投資を始めてもよいが、ないなら貯金しつつオリンピック後でもよいでしょう」

<40代への回答>

「今すぐ節約して貯金・勉強をして、小さめのものでもよいから始めたほうがよいでしょう」

Next: 50・60・70代への回答は? 不動産投資の勝ち筋は長期保有が基本

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい