fbpx

レオパレス、赤字690億円に拡大へ。新たな施工不良疑惑も発覚して窮地に

施工不良が相次いで発覚している「レオパレス21」は9日、2019年3月期の決算で最終赤字が690億円になるとの見通しを発表しました。問題のあった物件の補修費用が膨らんだことから、純損益が今年2月に公表した380億~400億円の赤字からさらに拡大すると説明しています。

レオパレス21はつい先日にも『週刊文春』によって新たな施工不良疑惑が報じられたばかり。連結業績予想を売上高は5,050億円、営業利益は73億円にそれぞれ引き下げていますが、施工不良問題による影響はさら広がりそうです。

ツイッターの反応は…

レオパレス21<8848> 日足(SBI証券提供)

レオパレス21<8848> 日足(SBI証券提供)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by:image by:Ned Snowman / Shutterstock.com

【関連】レオパレス、破綻は秒読みか。オーナー会は「改修工事完了まで会社が持たない」と判断=姫野秀喜

【関連】野村HD、赤字1000億円超えの衝撃。証券界のガリバーに何が起きているのか?=児島康孝

【関連】政府統計不正の実害がじわじわ。8年分のデータ破棄で「賃金伸び率」の検証不可に=矢口新

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい