fbpx

夫が年収と貯金額を教えてくれない…お金の話ができない夫婦が抱える破産リスク=川畑明美

共働きの夫婦で、パートナーの収入・支出・貯蓄額をまったく知らない、内緒にしているという方も少なくありません。この問題、どう解決したらいいのでしょうか?(『教育貧困にならないために』川畑明美)

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2,000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

意外に多い秘密主義家庭。お金を増やす「時間」をロスしている…

夫の収入や貯蓄額をしらない?

共働き夫婦のご家庭で、パートナーの収入・支出・貯蓄額をまったく知らない

お金の使い方にアレコレ言われたくないので、「内緒にしている」と言う方も少なくありません。

実際に「夫の収入や貯蓄額を知らないので将来が不安です!」というご相談もいただきます。

この問題、どうやって解決したらいいのでしょうか?

まずは「目標貯蓄額」を共有することから

結論から言うと、家族会議をして自分の貯蓄額を教えあうしかないのですが、頑なに教えてくれないパートナーもいるようです。

そんなケースでは「目標貯蓄額」を共有することから始めてみては、いかがでしょう?

タイミングは、人生の3大支出を考えた時です。

人生の3大支出とは、
・マイホーム
・子どもの教育費
・老後費用
になります。

どの支出も一括で支払うことはできません。時間をかけて貯蓄していくものばかりです。

その3大支出の「目標貯蓄額」を考えて共有します。

例えば、マイホームを購入するための頭金が400万円必要だったとします。その400万円を貯めるのに、お互いがどのくらい貯蓄できるのかを共有します。

・妻は毎月2万円、ボーナスで5万円貯めることができる
・夫は毎月4万円、ボーナスで10万円貯めることができる

夫婦で力を合わせれば、年間68万円もたまります。6年でマイホームの頭金をつくることができるのです。

Next: 半年に1度はお金の話を!40代で1,000万円貯めると人生が変わる

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい