fbpx

韓国、新型肺炎で3度目の経済危機へ?カギを握るのは崖っぷちのウォン相場=勝又壽良

韓国経済は中国に大きく依存している。その中国の経済が新型コロナウイルスの影響で減速すれば、韓国はどうなるか? いよいよ通貨危機から経済崩壊へ向かう。(『勝又壽良の経済時評』勝又壽良)

【関連】税務署員は皆やっている!「扶養控除」で税金を裏技的に安くする方法=大村大次郎

※本記事は有料メルマガ『勝又壽良の経済時評』2020年2月3日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

プロフィール:勝又壽良(かつまた ひさよし)
元『週刊東洋経済』編集長。静岡県出身。横浜市立大学商学部卒。経済学博士。1961年4月、東洋経済新報社編集局入社。週刊東洋経済編集長、取締役編集局長、主幹を経て退社。東海大学教養学部教授、教養学部長を歴任して独立。

SARS以上の経済危機?中国で問題が起これば韓国がひっくり返る

中国からの入国規制をぎりぎりまで「先延ばし」した韓国

韓国は、外交的に中国を最も恐れている国である。絶えず、中国の顔色を伺う、哀しいまでに主体性のない国だ。

今回、中国武漢で発症した新型コロナウイルスについても、中国からの入国者に対する微温的な姿勢が、国内で非難されるほどである。

1月31日、世界保健機関(WHO)が「国際的な公衆衛生の非常事態」を宣言すると、米国は中国全域を対象に旅行を原則禁止した。日本は湖北省に滞在経験のある外国人の入国を禁止した。

日米は、同一歩調で防疫対策の切り札として、中国からの入国に制限を加えている。このほか、イタリア、ロシアも規制している。中国との接触を最大限減らすことで、感染源の流入遮断に動いている。

これに対して韓国は、中国の姿勢を見ながら時間稼ぎをしている状況だ。

韓国の航空会社は、中国40都市に就航し、1日に数百便が行き来している。航空便の数だけなら世界最高のレベルとされている。その結果、中国から韓国へ毎日2万人前後の搭乗客が訪問している。

『朝鮮日報』社説(2月2日付)は、前記の事情を踏まえ「新型コロナウイルスに関して、韓国は今や中国本土と同じレベルのリスクがあると見なければならない」と指摘するほどだった。

この声に押され、韓国政府は2日、中国・湖北省を14日以内に訪問したすべての外国人の入国を、2月4日午前0時から全面的に禁止することになった。ようやく、重い腰を上げた形だ。

韓国は朝鮮族の出入り多く敏感

中国東北部には、朝鮮族が存在する。総数は約180万人とされ、韓国へ出稼ぎして暮しを立てている人たちだ。

この朝鮮族にとっては、韓国とのつながりを切られたら、生活に難儀する。韓国政府はそれだけに、出入国に規制を加えることに慎重だったのだろう。

ただ、「中国政府が怖い」というのも、これまで入国規制を見送ってきた理由に違いない。

韓国は、中国朝鮮族を介して新型ウイルスが持ち込まれるリスクが最も高い国である。韓国人は、それだけにウイルス騒動で敏感に行動している。

ソウルの繁華街から中国人観光客の姿が消えただけでなく、韓国人までが外出しないで自宅に籠もっている現象が増えている。

Next: SARS以上のショック? 中国で問題が起これば韓国経済が「ひっくり返る」

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー