医師が診断、トレード盛りの投資家を突如襲う「仮想通貨病」とは?=メダカ

株、商品先物、FX投資であれば週末にひと休みできますが、暗号通貨は24時間365日働きっぱなしの耐久レース。そこで心配すべきなのが自分自身の健康です。(『メダカの仮想通貨・ビットコイン投資』メダカ)

プロフィール:メダカ
横浜在住の会社員。学生時代から株や商品相場を追いかけ、最近は仮想通貨(暗号通貨)投資に重点を置いている。仮想通貨取引所「コインチェック」のチャットにときどき出没。国際情勢についても造詣が深い。

「これはズバリ、仮想通貨病ですね」医師は決め顔でそう言った

暗号通貨相場は休みのない耐久レース

この週末は文化の日があって3連休の方も多かったことと思います。株や商品先物、FXは週末はひと休みができるのですが、暗号通貨は24時間365日という日曜も正月もない耐久レース状態です。

この過酷な相場は、当局の管理から自由なコンピューターネットワーク上の通貨として発想された、暗号通貨らしいと思います。日曜を安息日とするユダヤ教・キリスト教の影響下にも、金曜を安息日とするイスラム教の影響下にもないまったく新しい通貨なので、誰かが号令して取引を止めるというのは今さらできないでしょう。

心配なのは「自分自身の健康」

そうなると、心配なのは人間の健康です。

ごく最近、暗号通貨界隈ではよく知られた方が、体調を崩されて救急搬送されました。短期間に胃の痛みと全身の激しい蕁麻疹(じんましん)に2度も襲われてしまったとのことです。

そこで医師に「ストレスに心当たりはありますか?」と聞かれ、「ビットコインです」と答えたそうです。医師の「え、ビットコ?」という反応で始まった診察でしたが、最後はなんと『仮想通貨病』と診断されたそうです。関西ではないので、医者は真顔だったそうです。

幸い体調は落ち着かれたようですが、ツイートなどはしばらく回数を減らすそうです。

このメルマガでも以前、身体の疲れや依存症に気をつけましょうという記事を書いたのですが、界隈の仲間がこうした激しい急性症状を引き起こしてつらい目にあうのを知ると、文字通り他人事とはいえません

特にトレードをやっている方はそうですが、最近だとハードフォークの影響が読めないだけに日頃は長期でのんびり構えていても、どんでん返しのようなことが起きる可能性があるとなると、「ストレスを感じるな」という方が無理です。

Next: 著者自身にも異変が?「暗号通貨依存症」の危険性

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー