世の女性たちが知らない、男から見た「将来億を稼ぐ男性」の条件=午堂登紀雄

女性にとって結婚相手の収入は大切です。でも高年収男性の多くは既婚だったり、独身でも競争が激しい。そこで見直したいのが「今は貧しくても、将来稼ぐ男性」です。(『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』午堂登紀雄)

※有料メルマガ『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』好評配信中。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:午堂登紀雄(ごどう ときお)
米国公認会計士(CPA)。1971年生まれ、岡山県出身。中央大学経済学部 国際経済学科卒。株式会社エディビジョン代表取締役。一般社団法人 事業創造支援機構代表理事。

10年後に掴み取る大金を考えれば、今の資産など誤差にすぎない

「今は貧しくても、将来稼ぐ男性」の共通点

女性は妊娠・出産・育児というライフイベントがあるため、男性よりも働き方の制約や変化を受けやすいですから、どういう相手をパートナーに選ぶかは非常に重要です。

そのとき気になる要素のひとつが、やはり相手の収入ではないでしょうか。それは生活を支えるという側面だけではありません。稼ぐ力は能力の高さであり、イコール生き延びる力でもありますから、稼ぐ男性を好むのは女性にとっての生存本能とも言えるからです。

とはいえ、現時点での高収入男性の多くはすでに結婚しているか、独身であっても競争は激しいため、そこに食い込むのは容易ではないことが想定されます。

そこでより現実的なのは「将来稼いでくれそうな、伸びしろのある有望株」という視点です。株式投資の世界で言うところの「テンバガー(10倍になる可能性のある銘柄)」ですね。

私が起業して12年、その間に多くの人を見てきました。今回はその経験を踏まえて、「将来億を稼ぐ男」の条件や、ぜひ押さえておきたいチェックポイントを紐解いてみたいと思います。

ただし、稼ぐ男といってもいろんなパターンがあり、当然例外もあるので、すべて当てはまるというわけでもありません。また、サンプル数がそれほど多くないので偏りもあることはご容赦ください。

1. 不平不満・他人の悪口を言わない

有望株は、平凡な時期からでも、会社のせいにしたり、現状に不満を持って愚痴を言ったりすることはありません。いわゆる自己責任意識が強いので、不満があれば自らを変えて解決しようとします。

また、他人にも寛容なので、人の悪口を言うこともありませんし、いたずらに他者を批判・非難することもありません。

だから、たとえば相手がデート中に上司や同僚の悪口を言ったり、誰かの意見や主張を根拠なく否定してばかりだとしたら要注意です。

Next: デート中の仕草や態度に出る「お金を稼ぐ男性」の共通点7つ

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー