fbpx

2021年、株価は2度死ぬ?それでも終わらぬ株ブームで日経平均3万円へ=藤井まり子

日米の緩和マネー競争は拮抗

ドル円相場についても、日米の緩和マネー競争は拮抗しました。

今後アメリカでさらなるヘリマネ出動となれば、オリンピック閉幕直後に解散総選挙を狙う菅政権も、アメリカに足並みを揃えることでしょう。

ドル安円高も、ここらあたり(1ドル103円~104円)が底でしょう。もちろん、調整局面では「1ドル100円を切るような円高」が一時的にせよ巻き起きるかもしれません。

続きはご購読ください

・ジョージア州の決選投票
・年末年始のビットコイン暴騰
・ゴールドをはじめとするコモディティー価格について
・中長期的な話:いつかはダウは4万ドル、日経平均も4万円
・注意すべきは、アメリカ株式市場。
・巨大マネーはよりよい運用成績を求めて新興国群へ
※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ購読!

【要注意】資産形成および投資は、必ず「自己責任」でお願いします。この記事は藤井まり子の個人的見解を述べたもので、当メルマガ及び記事を読むことで何らかの経済的及び精神的被害を被ったとしても、当方は一切責任を負いません。

<メルマガ購読ですぐ読める! 1月配信済みバックナンバー>

※2021年1月中に定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2021年1月配信分
  • 2021年の予測~1-3月期にはコロナ供給体制に「ほころび」?(1/5)

いますぐ購読!


※本記事は有料メルマガ『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2021年1月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】元国税が教える「2021年版 節税の裏ワザ」税金還付は最強の財テクだ=大村大次郎

【関連】2021年の日経平均は3万円大台へ。大相場をつくる最大の要素は?投資家k.kの新春展望

【関連】2021年は米中共倒れで経済に大変革。元証券会社社長・澤田聖陽の5大予想

【関連】コロナ危機が金持ち父さんと貧乏父さんの分かれ道に。貧乏父さんが貧乏のままのワケ=花輪陽子

1 2 3

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』(2021年1月6日号)より一部抜粋、再構成
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート

[月額16,500円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「マクロ金融・資産形成 de あそぼ♪」の筆者:藤井まり子が、金融資産3,000万円以上の読者に向けて送る「富裕層向けの資産形成のプレミアム・レポート」。第一メルマガ「~de あそぼ♪~」が、「結論と要約だけ知りたいし、具体的に何をしたらよいの教えてほしい」と熱望しておられる愛読者様に、是非ともお勧めです。この第二プレミアム・メルマガの購読者の方々は、ゴールド会員として、よりきめ細やかなアドバイスも、常時双方向で無料提供します♪年金不安なんか、ぶっ飛ばしましょう♪

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー