fbpx

値上がり中の不動産に「いま投資するべき人、してはいけない人」の違い=姫野秀喜

いま、不動産を買うべき人

今は値上がりしている時期です。一般論としては買ってはいけない時期です。でも、買うべきか買わざるべきかは、それぞれの置かれた立場によって変わります。

では、いま「不動産を買うべき人」の特徴を見てみましょう。

【買うべき人の特徴】

・年収が低い人
・年齢が高い人
・サラリーマンを早くリタイアしたい人

年収が低い人は、融資の緩い今の時期に1棟でも実績を重ねる必要があります。今は比較的に融資が出やすいので、そういう時期に失敗しないレベルの利回りの物件を買っておく必要があります。将来、融資が厳しくなったときでも融資をしてもらえるかは、投資家の実績次第になります。よって、この時期は5年後の将来への布石、実績作りとして、失敗しない物を買うのが良いと思います。

また、年齢が高い人は、ローンの期間が問題になります。融資は30年近いローンを組みますので、年齢が高いと不利になります。それなりの年齢だが、これから何棟も増やしていきたいと思っている方は、1年でも2年でもムダにしないように早めに行動する必要があります。

次にサラリーマンを早くリタイアしたい人ですが、これも本人の意志の問題です。ゆったりと構えていたくない、アーリーリタイアしたい、そういう意志を持っている人であれば、やはり1~2年をムダにするわけにはいかないので、早めに行動した方が良いです。

上記の人たちはライフイベント上、早めに行動しなくてはいけないわけですが、死中に活を求めるレベルで物件を見抜いて購入していかなくてはなりません。決して、業者の持ってくる案件を鵜呑みにして買ってはいけません

いま、不動産を買うべきではない人

次に「買うべきではない人」の特徴を見ていきます。

【買うべきではない人の特徴】

・年収が高い人
・年齢が若い人
・既に資産がある人(地主等)

年収が高い人は、今から5年が経って融資が厳しくなったとしても、まだ融資を引き出せる可能性は高いです。

また年齢が若い人は、あと5年経ってもまだまだ30年の長期ローンを引き出せる年齢ですし、その時に出世していれば年収も上がってより有利な条件になりますので、無理して今割高な物件を購入しなくても良いでしょう。

最後に、地主や一代で資産を築き上げた富豪なども、現時点では買うべきではない人です。資産を持っている人は、その資産を担保に、どんな時代でも銀行から融資を引き出すことができます。しかも、地主であればどんな年齢でも、息子達に相続させる前提で長期のローンを組むことが可能です。つまり、今、高値づかみで不動産を買う必要はないということです。

ただしあまりに高齢で、いつ相続が発生するかわからない状況にもかかわらず、相続対策ができていない人は、急ぐ必要があります。とはいえ、相続が必要なほど資産を持っている人は、生まれたときから相続対策をしているものですので、焦る必要はありません。

また、最近、相続税の課税対象が広がったからギリギリ相続税が課税される人たちは、実は何も対策などせずに、相続税を支払った方が結果として安い可能性が高いです。結局、相続対策として急いで今の高値の不動産を買うべき人は、資産家の中にはいないと言ってもいいでしょう。

高値でも安値でも不動産を買うべきかどうかは、自分自身のライフイベントに照らし合わせて考えてくださいね。

【関連】「住みたい街」で進むスラム化。武蔵小杉タワーマンションの過酷な日常=廣田信子

【関連】次の大地震はどこで発生? 2017年「危険度ワースト3」の要警戒エリアはここだ

【関連】突撃取材「家主の私がレオパレスを訴えた理由」集団訴訟はなぜ起きたか?=姫野秀喜

1 2

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』(2017年3月24日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ

[無料 ほぼ 平日刊]
会社員の姫ちゃんが1億円の大家さんになれた!あなたも数年で1億円の大家さんになれる!何から始めたら良いかわからない人に読んでもらいたい。基礎を守って、リスクは小さく、リターンは中くらい初歩からコツコツと誰でもできるシンプルな不動産ノウハウをあなたに~♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー