fbpx

日経平均2万円はもう無理。前代未聞のトランプ大荒れ相場が始まった=長谷川雅一

トランプ氏の大統領就任式を見ました。僕は今後の相場について、やはり「円高・株安」になるだろうと予想します。ただし、ここで言う「株」とは「日本株」です。僕の予想は「円高・(日本)株安」であり、米国の株式市場は上がるかもしれないと考えています。(『長谷川雅一のハッピーライフマガジン』2017/1/23号より)

プロフィール:長谷川雅一(はせがわまさかず)
1959年、岐阜県生まれ。株式会社プレコオンライン(金融商品取引業)代表取締役社長。2000年より株式投資の研究を始め、日本で初めて「株の自動売買」という言葉を使った著書を出版。株式投資の世界では、「株の自動売買」ブームの火付け役として知られている。現在は、自動売買ソフトの開発、投資教室、メルマガの執筆など、多忙な日々を送っている。

間もなくマーケットは「アメリカファースト」の真の意味を理解する

嵐の前の静けさ

トランプ氏がアメリカ大統領に就任しました。マーケット関係者が注目した就任演説に、相場はどう反応したのでしょうか?

週末の米ドル/円は114.60円ほどで引けており、これは「やや円高かな」というレベルです。

週末のNYダウは94ドルほどの上昇ですから、アメリカの株式市場は、とりあえずトランプ大統領の就任を「歓迎」した形です。

日経225先物は19,125円付近と、やや上値の重い動き。米国の10年債利回りは2.467%と、やや失速気味でした。

要するに、トランプ大統領就任を受けてのマーケットは「強弱まちまち」で、まだハッキリした方向感が出ていません。トランプ大統領就任後のマーケット、週末の段階では「静か」だったわけです。しかし僕は、これは「嵐の前の静けさ」だと思っています。

「トランポノミクス」という幻想

トランプ氏の掲げる政策には、マーケットにとってプラスのものもあれば、マイナスのものもあります。また、その解釈しだいで、相場の先行きについての予想は大きく変わります

たとえば、「トランポノミクスで、アメリカの景気はよくなる。アメリカの金利も上昇傾向になるだろう。となれば、アメリカ株高、ドル高だ。したがって日本株は買い。ドル円も買いだ」というポジティブな解釈も成り立つでしょう。

投資家の頭の中に、昨年11月9日以降の「トランプラリー」の記憶がまだ鮮明に残っている今、なんとなく「トランプ=ドル高・株高」というイメージができあがってしまっている感もあります。

週刊誌にも、「さあ、トランプ相場だ。乗り遅れるな。日経平均は4万円を目指す」といった、景気のいい見出しが躍っていたりします。

では、今日(1月23日)から、相場は上がるのでしょうか?僕はといえば、相場の先行きについて、まったく楽観していません。「ドル円も株も、もう買えない」と考えています。

今後は「円高・(日本)株安」になる

1月12日深夜のトランプ会見を見て、僕のトランプ新大統領に対する楽観が吹っ飛び、同時に相場への楽観論も消えた、ということは前回の記事に書いた通りです。

さらに、あの会見から僕は、トランプ氏の就任演説は、彼が選挙中にアピールしていた公約の内容を、堂々とくり返すものになるだろうと予想していましたが、はたして、その通りになりました。

就任演説を聞きながら、僕は「ああ、やっぱり、やっちまったか」とつぶやきました。

就任式を見ながら、僕は今後の相場について、やはり「円高・株安」になるだろうと予想したのです。

なお、ここで言う「株」は「日本株」です。僕の予想は「円高・(日本)株安」であり、アメリカの株式市場は上がるかもしれないと考えています。

今までは、アメリカは「国際協調」を掲げてきましたから、「アメリカ株高=日本株高」という「公式」が成り立ちました。

しかし、これからは「アメリカファースト」です。となれば公式は逆転しますから、今後は「アメリカ株高=日本株安」になっても、おかしくありません。

Next: 日経2万円、1ドル120円はもう無理。恐怖のアメリカファースト時代が始まった

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい