fbpx

【2月米雇用統計】平均時給はさらに伸びそう。基本は「戻り売り」狙いで=ゆきママ

極短期ならロングも面白いが、基本は「戻り売り」

昨日から今日にかけて、ドル円は一段と上昇し、目先のレジスタンス(上値抵抗)となっている21日移動平均線(106.90円近辺)にタッチしています。

ドル円チャート(日足)

ドル円チャート(日足)

要因としては、トランプ大統領が鉄鋼とアルミに関税を適用したものの、NAFTA(北米自由貿易協定)で交渉を続けているメキシコやカナダは一時的に除外されるなど、バランスのとれた内容だったこと、さらには今朝、米朝首脳会談に北朝鮮が意欲、核開発凍結といった報道がなされたことがあります。

全体的にリスクオン(選好)の流れとなり、ドル円は反発していますが、トランプ政権の軸足は引き続き保護主義的であり、政策的にもドル安を志向しているのは明らか。また、北朝鮮の動向も相場にとって本質的な材料ではありませんから、1~3ヶ月といった少し長めのスパンで考えた時のトレードの基本は、ドル円は戻り売り・ショートということになるでしょう。

本稿執筆時点(15:00)のレートが1ドル=106.60円近辺となっていますが、発表前に107円台にしっかり乗せていれば、雇用統計の数字次第では日足ベースの抵抗ポイントである、107.80~107.90円ぐらいまで戻してくることは想定できます。

したがって、今夜はノーサプライズでまずまず好調な数字が出る可能性が高いと考えて、デイトレ意識で今の水準から軽くロング(買い)で入るというのは決して悪くない戦略ではあるでしょう。売られすぎたドルの修正というのも、ある程度は期待できますからね。

しかしながら、やはり108円、109円といった数字を見込んで行くためには、それなりに材料が重ならないと難しそうですから、リスクを避けるのであれば、今夜は結果を受けての天井を確認し、戻り売りがベターと考えています。

冒頭でも書いたように、悩ましい相場となっていますが、悩ましく分からない時こそトレンドを重視し、流れに沿ったトレードを続けていきたいところでしょう。

【関連】ビットコインを叩きのめせ。G20が仮想通貨を目の敵にする納得の理由=E氏

【関連】ドバイで進む「人工知能政府」開発を、なぜ日本のマスコミはひた隠すのか?

【関連】ドル円100円も見えてきた。日経平均と為替、3月の展望は=江守哲

1 2 3

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2018年3月9日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」

[月額1,980円(税込) 毎週日曜日]
ゆきママの視点から、毎週の為替相場見通しやチャート分析、トレードアイディアなどを提供します。解りやすい解説を心がけていますので、ぜひ初心者の方もお読みいただければ幸いです。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー