fbpx

大富豪のサウジ王子たちがホテルに監禁。死者まで出した汚職摘発の真相

サウジアラビアの宮廷革命劇の一幕であったリッツ・カールトンホテルでの監禁・拷問事件について、その内幕と背景を海外の報道を翻訳しながら解説したい。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2018年3月23日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【不動産投資セミナー】本当に安定運用できるんですか?投資家×営業ウーマンがガチ対談-PR-

狙いは「前国王の資産」全部。犠牲になるのは相続した王子たち…

サウジアラビアで起きた宮廷革命劇

犠牲者になるのはいつも部下で、親分どもは生き残る。「それは当たり前」と親分どもは平気の平左。まさに近くでもよく見聞きする光景である。

サウジアラビアの宮廷革命劇の一幕であったリッツ・カールトンホテル監獄の内幕・背景などについて、海外の報道を翻訳しながら解説する。

監視され続けるサウジアラビアの王子たち

サウジアラビア経済界の巨頭であったビジネスマンたちは、今や足首に電子追跡装置を装着されて、日々の行動を監視される状態で暮らしている。

サウジアラビア軍を統率していた王子たち、月刊誌の表紙を飾った王子たちは、今や護衛隊によって監視されているのだ。

世界中を私用ジェットで飛び回っていた一族たちは、自分自身の銀行口座に近づくこともできず、妻や子供たちも旅行が禁止されている。

リッツ・カールトンホテルでの監禁と拷問

昨年11月、サウジアラビア政府は数百人の大物ビジネスマン(その多くはサウジアラビア王家)を首都リヤドのリッツ・カールトンホテルに「腐敗撲滅キャンペーン」という名目で監禁した。

現在ではそのほとんどが釈放されたとはいえ自由と呼べる状態ではなく、彼らは毎日を恐怖におののきながら暮らしているようだ。

複数の証言によれば、その数ヶ月にわたる拘束で「拷問」を受けたようである。少なくとも17人が拷問で病院に搬送され、目撃者によると内1人は首の骨が折れて死亡。その遺体は内出血で腫れ上がっていたとのことである。

3月11日サウジアラビア政府がNYタイムズへ送った電子メールでは、「拷問」は全くの嘘であると否定している。

Next: 釈放条件は「資産押収」。背景は政権闘争にある

1 2 3 4 5

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい